施設(非住宅)の断熱の重要性について

高気密・高断熱の家が注目されていることは知っていますか。中でも断熱の重要性は、人の身体に影響を与えるため、WHOでも重要視しています。
住宅ばかり注目されていますが、施設においても、断熱性の重要さを理解しておく必要があります。

コラムのポイント●断熱とは、外気温に影響されることなく、室内の気温が一定に保たれるために必要な機能のことです。

●断熱性能は、省エネ基準法も関わっており、法令上300m2以上の非住宅建築物は新築等の際、省エネ基準に適合していないものは建築確認が行われず、着工できないことになっています。

●施設の断熱性能を高めることは、空調の省エネ、建物は、夏は涼しく冬は暖かい環境を整えることができ、熱中症対策・ヒートショック対策になります。

断熱とは

一枚の壁によって、熱が遮断されることです。

冬であれば、外は寒くても室内は暖かく、夏であれば、外は暑くても室内は涼しい状態であることを指します。

建物であれば、壁・屋根・床・窓や扉といった開口部に断熱機能を持たせることで、役割を果たします。
「断熱」にするためには、壁・屋根・床であれば、断熱材を挟み込んだり、窓や扉であれば、二重サッシするといった方法が用いられます。

断熱(性能)が高いメリット

以下、2つの点があります。
■人の健康を守る
■省エネを実現する

人の健康を守る

断熱性能が高ければ、外気温の影響を受けにくくなります。

<ヒートショック対策になる>
ヒートショックと呼ばれる、冬に起こりやすい、症状ですが、 原因は室内の温度差と言われています。
温度差が大きいと、血圧の上昇を引き起こし、脳梗塞を引き起こすのです。

断熱性能が高いことにより、部屋ごとの気温差が少なくなり、体への負担が減り、健康を維持することにつながります。

<結露やカビの抑制になる>
そもそも結露は、外気温と室内気温の温度差により発生します。そして、結露はカビのもとであり、シックハウス症候群のようなアレルギー疾患を誘発することになります。

断熱性能が高ければ、結露やカビの発生を抑制することになり、健康を損なうリスクを下げることになります。

省エネを実現

地球温暖化の影響により、エアコンの使用は推奨されています。
一方で、エアコンの電力を使うことで、CO2を発生させ、さらに温暖化へと拍車をかけてしまうことになります。

しかし、断熱性能を上げることで、エアコンを使っても効率よく稼働させることができるため、最低限の電力ですみます。
環境対策になるだけでなく、ランニングコストの削減にも力を発揮するのです。

施設における断熱の重要性

特に高齢者福祉施設・医療施設をはじめとする入所を伴う施設では、24時間空調設備を稼働させなければなりません。

また利用者も、温度差を苦手とする方や、空調の風が直接肌に当たるのを嫌う方もいます。
もともと体力的に弱っている方が多いため、体調管理には日非常に注意しなければならないからです。

もちろん、日中のみ利用者がいる施設でも、より室内空間を快適にすること、ランニングコストを考える上で「断熱」は必要不可欠といえます。

関連記事
施設の快適空間のつくり方をコチラで紹介しています。
■快適空間のある施設を|利用者を増やす取組み

学校関連施設も『断熱性』を考える必要がある

意外と盲点になりがちなのは、学校施設です。

体育館は非常に底冷えがします。朝礼などで使用する機会は減っていますが、昨今のコロナにより、換気が徹底しながら体育を行わなければならず、さらに底冷えがしやすい環境です。

体が冷えすぎてしまうと、体調不良になりやすいですし、授業にも集中できないことになります。
よりよい教育環境を整える点において、「断熱性能を高める」ことは必要条件ではないでしょうか。

ー施工事例をみるー

『断熱性能』は施設を建てる際に求められる

非住宅である施設は、省エネ基準を満たすことが義務化されています。

省エネ法

2016年4月に施工された「建築物省エネ法」では、建築物の 省エネ基準適応が着工条件となりました。住宅ばかり伝えられていますが、非住宅においても同様です。

特に非住宅建築物については一次エネルギー消費基準を満たすとことが義務化されています。

工事の着工の可否にかかわる

300㎡ 以上の建築物については「省エネ措置の届け出」が義務付けされています。

省エネ基準に適合していないものは建築確認が行われず、着工できないことになっているため、「断熱」は無視できないのです。

なお、建築主は、工事着手前に、省エネ性能確保計画を登録省エネ判定機関等に提出し、省エネ基準への適合性判定(省エネ判定)を受け、適合判定通知書の交付を受けなけれならず、その通知書がなければ、指定確認検査機関等の建築確認手続が行われません。

指標を知っておこう

住宅では、断熱性能の度合いを数値化するために外皮性能としてUA値が使用されます。
非住宅では、 pal*(パルスター)が指標です。

以前は、palでしたが、現在は pal*(パルスター) ですので、注意しましょう。なお計算式では新PALと表記されています。

PAL*(パルスター)とは、建物(非住宅建築物)の省エネ基準に関わる新しい外皮基準の指標です。
新PAL= ペリメーターゾーンの年間熱負荷 ÷ペリメーターゾーンの床面
ペリメーターゾーン(屋内周囲空間)の年間熱負荷 をペリメーターゾーンの床面積で除した値 を指します。

なお、 外皮性能の重要性や温熱環境の確保の観点から、現行省エネ基準(H11基準)レベルの断熱性等を求められています。

基準値は地域により異なる

住宅における省エネの地域区分と同様の地域区分です。
(地域区分においては、こちらをチェックしてください

計算は、簡易化されたとはいえ、プロでないと正しい値が求められませんので、お任せしましょう。
ただし、確認はしましょう。

省エネ基準を満たすために

設計が行われたのちに、省エネ基準を満たしているか計算されます。基準に満たしていない場合、断熱材の追加など行わなければなりませんので、追加費用がかかる場合があります。

しかし、追加費用であったとしても、基準を満たさなければ工事の着工すらできませんので、必要経費としてお考えください。

関連記事
省エネ基準の説義務化(非住宅は基準義務化)について詳しくはコチラをお読みください・・・
■非住宅適合義務について

木造建築も検討しましょう

中規模建築までであれば、木造で施設を建てることが可能です。

木造であれば、木のあたたかみを感じることができ、気持ち的にもヒヤッとしない空間をつくることができます。

利用者にとって親近感のある快適な空間を演出することができ、利用者を募集しやすいかと思います。

まとめ

施設での断熱性能を考えることは、予想外かもしれません。しかし、工事の着工にも関わりますし、施設の利用者の健康を守り、ランニングコストを考える上でも重要なことです。

プロに任せなければいけない部分ではありますが、積極的にかかわることで、よりより施設づくりができることでしょう。

こちらにお電話をおかけください。

03-5284-7106

×

建物を準備するためのノウハウや建築に関する法律などYA+Aがこれまで設計してきたノウハウをレポートにまとめました。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

  • 住宅の設計
  • リノベーション
  • 園舎の設計
  • クリニックの設計
  • 店舗・商業施設の設計
  • 共同住宅の設計
  • 社会福祉施設の設計
  • 葬祭会館の設計
専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. スタッフを募集中です。

  2. 特定建築物として注意|特殊建築物との違いは

  3. 那須高級分譲住宅

    地域包括ケアシステムについて|福祉施設との関連

  4. 社会福祉法人茨城補成会 多目的棟

    知的障害者施設の建て具について|施設開業・改築

  5. 新潟県にサテライトオフィス|移住支援制度も注目

  6. 設計コンセプト

    戸建て住宅の用途変更に伴う建築確認の緩和について

  7. 霧降の住宅

    【非課税】住宅取得等資金贈与のしくみと手続き

  8. 高根沢

    東京のまちづくりとバリアフリーについて

PAGE TOP