デイケアとリハビリ特化型デイサービスの違い

日中のケアサービス施設を設立しようとすると、デイケア(通所リハビリテーション)とデイサービス(通所介護)の2つのタイプがあります。数年前まではリハビリを行う施設=デイケアでしたが、昨今はデイサービスでもリハビリ特化型施設も増えています。

利用者側からすると、提供されるサービスは同じリハビリですから、どう違うのか分かりにくいのが現状です。ですが、今回は開所を目指す経営者側からの視点でお話し、開所するならどちらかを選ぶきっかけになればと思います。

まず各施設の目的(概念)を明確にし、設備面の違いを比較します。

デイケアの目的

病気などで衰えた身体機能を回復または維持することが目的です。
常勤の医師の指示のもとに、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などの専門職種のスタッフがサービスを提供します。

医学的なリハビリだけでなく、食事や入浴の補助ももちろんありますが、現在の置かれている状況よりも改善を図るための訓練が主体のため、レクレーションのような交流の機会はデイサービスより少なくなります。

デイサービスの目的

デイサービスにはリハビリ特化型のほか、趣味特化型、レクレーション特化型とサービス内容は事業所により様々です。
今回はデイケアと比較するため、リハビリ型に限定しますが、デイサービスの目的は、機能訓練を行い、体などの動きの減退を防止することです。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、 看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師などのスタッフによってリハビリ(機能訓練)の補助サービスを行います。

機能訓練のほか、社会交流の場としての意味合いがあったり、食事やお風呂など生活のサポート、介護をしている家族の休憩も兼ねています。

利用者は、デイケアとデイサービスのどちらか一方を選ばれますが、併用する方もいらっしゃいます。

デイケアとデイサービスの設備面での違い

施設の目的の違いはおわかりいただけたかと思います。医療の概念が強いのはデイケアであり、スタッフも医師が常勤しています。
では、使用する施設の『建物や設備面』での違いがあるのか検証してみましょう。

建築基準法では、デイケア施設もデイサービス施設も同じ「児童福祉施設等」の「特殊建築物」に属し、消防法やまちづくり条例にも関連があります。

どちらの施設でも利用者は高齢者でかつ介護を必要とされている方ですので、手すりを備え付けたり、段差解消したり、バリアフリー対応が必須と考えましょう。
バリアフリー対応のため、通路やお手洗いなど必要な敷地面積は、通常施設よりも広さが必要ですので、全敷地面積も当然広さが求められます。

デイケアの必要な設備
・リハビリ専用室(内寸で3㎡/1人)
・リハビリ用の専門器具(数に制限なし)
その他特に制限はなし

もともとデイケアは医療法人が経営することもあり、病院や診療所、介護老人保険施設に併設していること多いです。
大切なことは、部屋がリハビリ専用と明確に分かれていなければならないこと、および床面積の計算は内寸でしなければならないことです。
内寸で計算していなかったため、行政から改善指示があり、開所がスムーズに進まなかった事例もあったようなので、十分に気をつけましょう。

リハビリ型デイサービスの必要な設備
経営者がNPO法人など法人格であれば、設立することが可能です。
・食堂および機能訓練室(兼用可能、3㎡/1人)
・相談室
・静養室
・事務室
・送迎のための駐車スペース(利用者の乗降中、路駐しないため)
・浴室(入浴介助サービスを行わなければ不要

なお、多くのリハビリ型デイサービスでは、多く時間を機能訓練時間に費やすため、入浴サービスは実施されていません。

消防法では、両施設ともに、消化器の設置、火災児童報知器、スプリンクラーの設置が義務付けられています。

スタッフを集め、研修など行ったりするのは大変ですが、開所を目指す中で、設備基準を満たすことは、まさに山場ですので、基準を満たしているかどうか、入念に確認しましょう。

 

集客のポイント

施設を開所しても利用者がいなければ経営破綻してしまいますので、周辺地域のニーズ調査は不可欠です。

医療法人が経営者である場合、デイケアを開所され、通院患者が通う施設として活用できますが、特にデイサービスの場合、
また、利用者が「ここに通いたい」と思える環境づくり、スタッフのスキルやサービス内容だけなく、建物のきれいさやリハビリ器具の充実度などハード面でも工夫が必要です。

いかにオリジナリティを打ち出せるかがポイントですので、他施設の状況も確認しておきましょう。

ケア施設の開所を目指そう

高齢者のご希望はできるだけ今の住宅で過ごすことが前提にあるため、就寝のある施設よりも、日中を過ごす場所が求められています。
怪我や病気、年齢による身体機能の低下は避けて通ることはできませんから、どうしても誰かのサポートが必要になります。
また、1人世帯が多いのも高齢者です。社会・地域からの孤立化を防ぐ意味でも、非常に意味のある施設です。

デイケア施設、デイサービス施設ともに、ニーズの高い施設ですから、開所までの手続きなど大変なことがありますが、初期段階(開所を考えた時点)から、ぜひ実績のある建築事務所に相談しましょう。

地域の窓口がどこか、施設を建てるのにふさわしい場所はどこか、など提案してくれるでしょう。

建物を準備するためのノウハウや建築に関する法律などYA+Aがこれまで設計してきたノウハウをレポートにまとめました。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. 介護する施設とは|介護施設の種類を把握しよう

  2. 図

    デザインビルドとは?建築事務所が対応する多様なニーズ

  3. 保護中: 空き家活用でのデイサービス施設の設立(テスト)

  4. 岡本の住宅

    【工務店の選び方】決め手は7つのポイントに絞ること

  5. 児童向けデイサービスの設立

  6. 特別養護老人ホーム新築に関わる法規制

  7. グループホーム オーリー

    福祉施設経営を成功させるポイントと土地活用

  8. 『改正建築基準法』について

PAGE TOP