グループホーム オーリー

福祉と建築を結びつける福祉住環境コーディネーター

福祉施設の建築を進めていく上で、もっと利用者目線で現場の意見に基づいた福祉施設を造り上げることはできないか、福祉面の専門的な知識をもっと活かせないか…。そうお考えになる方は多いのではないでしょうか。

これらの問題を解決してくれるのが、福祉住環境コーディネーターです。福祉住環境コーディネーターのスキルが活かされることで、これらの問題は解決し、さらにより良い福祉施設を造り上げることができます。

今回は、福祉住環境コーディネーターの役割や、建築業界の中でどのようなポジションを担っているのかをご紹介します。
このコラムが、利用者様目線に立った、これからの福祉施設造りの参考になれば幸いです。

このコラムのポイント
・福祉住環境コーディネーターは、高齢の方や障害を持った方が、自立した生活を送ることができるように住環境を整備する役割を持つ人のことをいいます。
・仕事内容として、顧客の相談対応や福祉用具や介護用品の提案、福祉施設全体のコーディネートを行い、様々な分野の知識を携えた上で各分野の専門家と渡り合っています。
・このコラムを読んでいただくことで、福祉住環境コーディネーターの役割について理解でき、今後の福祉施設建築時にそのスキルを最大限活用することができます。

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーター。初めてこの名称を聞いた、という方も多いかもしれません。

 

住環境をプロの視点で整備

 

福祉住環境コーディネーター』とは、高齢の方や障害を持った方が、自立した生活を送ることができるように住環境を整備する役割を持つ人のことです。

医療や福祉だけでなく、建築についても知識を身に付けており、幅広い分野に精通しています。また、各種の専門家と連携をとりながら、高齢の方や障害を持った方に対して適切な住宅建築や施設改修プランを提案する、という役割も担っています。

バリアフリーなどの居住空間の改善を提案するだけでなく、介護用品や生活用品などについての細かなアドバイスも行います。バリアフリーも、段差をなくしスロープを付けることだけでなく、施設によって必要とされるニーズは千差万別です。クライアントの特性にマッチした福祉施設の環境を提案し、実現していくためには様々な分野の専門家とコミュニケーションをとり調整を行う知識必要です。

福祉住環境コーディネーターは、生活の基本である『住宅』についての知識が深く、福祉施設を経営していく上で的確な提案をすることができます。

様々な場所で活躍

福祉住環境コーディネーターは、幅広い分野に精通している知識を活かし、多くの場所で活躍しています。

 

医療関係

病院などの医療施設において、医師や看護師と連携を取りながら、高齢者や障害を持った方のリハビリやサポートを行っています。人に対する関わりだけでなく、病院内の環境整備、福祉用具のアドバイス、新規導入環境や用具に関しての情報共有などのトータル業務を行います。

 

福祉関係

もっとも多くの福祉住環境コーディネーターが活躍していると言われているのが、宅介護支援センター、高齢者福祉センター、老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、訪問看護事業所、介護保険施設などのいわゆる福祉施設です。これらの施設では、施設内の住環境整備や使用する用具についてのアドバイスを行うことを、メインに行っています。

 

 

このように、様々な現場で活躍している福祉住環境コーディネーターですが、もちろん建設業界も例外ではありません。

数多くの福祉施設の建築、設計に携わる建築業界にとって、福祉住環境コーディネーターのプロの視点は大いに役立つものです。福祉施設や福祉やその環境を取り巻く住環境、介護サービス利用者やその家族の潜在的なニーズを汲み取りながら、的確な設備の導入や整備の提案を行う視点と、設計士の視点が合わさることで、利用者の方にとって最高の施設を造り上げることができるのです。

 

 

 

スキルを活かせる仕事内容

では、福祉住環境コーディネーターは建築業界の中ではどのような仕事に携わっているのかをご紹介します。

 

顧客の相談対応

住宅や商業施設とは異なり、福祉施設には特有の設備や造りがあります。バリアフリーである事はもちろん、車椅子で自由に動き回ることができるだけのスペース確保、職員しか操作出来ない造りのエレベーター設置、通常のものとは仕様が異なるトイレ…といったように、利用される方にフィットした施設にする必要があります。
初めて福祉施設を経営する、建設に携わる、という方にとってはわからないことが多々あります。こういった内容に対し、どのように設計をし、どのような設備を導入すれば最適な環境が作り出せるのかといったアドバイスを行います。

また、新規の建設だけでなく、現在運営している福祉施設の改装、新たに導入しようとしているシステムの相談、提案などにも対応しています。

 

福祉用具や介護用品の提案

介護ショップや福祉機器メーカーなどのような販売店にも、福祉住環境コーディネーターは在籍しています。在籍している福祉住環境コーディネーターによって企画、開発された福祉用具や介護用品を、福祉施設へ導入しています。

福祉施設で使用されているものは、より負担なく、使いやすくするために改良が繰り返されています。新たに出来上がったものの情報をいち早くキャッチし、クライアントの求める最適なものを提案しています。

 

福祉施設全体のコーディネート

福祉施設の設計の段階から関わることで、施設全体のコーディネートを行います。初期段階から関わることで、プロの意見が反映されより良いものが出来上がるとともに、やり直しや不備が少なくなります。

また、部分的にバリアフリーなどの住環境整備を行うよりも、施設全体の動線、使用頻度などを基にした環境整備がなされた方が、利用する方もスムーズに使うことができます。

多岐にわたる専門的な知識を携えた上での施設全体のコーディネートは、より良い福祉施設にしていくためには欠かせないスキルです。

 

 

このように、必要不可欠なポジションとして福祉住環境コーディネーターは存在しています。

 

 

 

【実例】福祉住環境コーディネーターの視点を活かした施設

グループホーム オーリー

では、福祉の視点に基づいてつくられたグループホームをご紹介します。

こちらは、精神障害者のためのグループホームで利用者の方に施設感を与えないような、自宅にいるような内装に仕上げています。また、外観も一見福祉施設には見えません。

グループホーム オーリー

木の軸組の現しをアクセントとしています。

グループホーム オーリー

こちらでは、自宅のようなリビングルームで利用者の方同士が交流をはかることができます。
非日常ではない、日々の穏やかな生活を送ることができるよう配慮しています。

1階だけでなく、2階にもリビングを設けることで、少人数での密な交流、関わることは難しくても人を側に感じることができる空間になっています。

グループホーム オーリー

このように、利用される方の状態によっては、施設感を出さないことがベストな場合もありますし、全員が集まって交流をするスペースが必要でない場合もあります。

クライアントからだけでなく、利用者の方も何を求めているのか、を汲み取り、そこに必要な設備の導入や施設全体のコーディネートを行います。

 

 

求められている福祉施設を

このように、福祉施設を作る際に大きな役割を果たすのが福祉住環境コーディネーターです。

プロの視点が加わった福祉施設であることは、利用者の方の暮らしやすさだけでなく、施設としての稼働率向上や安定した経営など、関わる人々全体にプラスに働きます。

建物を準備するためのノウハウや建築に関する法律などYA+Aがこれまで設計してきたノウハウをレポートにまとめました。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

  • 住宅の設計
  • リノベーション
  • 園舎の設計
  • クリニックの設計
  • 店舗・商業施設の設計
  • 共同住宅の設計
  • 社会福祉施設の設計
  • 葬祭会館の設計
専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. サービス付き高齢者住宅の運営

    介護医療院とは|新たな福祉施設の設立に向けて

  2. グループホーム オーリー

    グループホーム立ち上げに向けて|建築基準法を知る

  3. ほりファミリー歯科

    【設計から内装まで】デザインビルドで建てるクリニック

  4. サブリース契約とは

    サブリース契約とは?不動産活用方法

  5. 社会福祉法人茨城補成会 多目的棟

    障害者支援施設とグループホーム

  6. 【福祉施設】種類とそれぞれの特徴

  7. サービス付き高齢者向け住宅について

  8. LIASON COMMUNITY LABO

    【有効活用】特殊建築物を用途変更する重要性

PAGE TOP