精神障害者用グループホーム

福祉住環境コーディネーターが活躍する建築業界

 

グループホーム オーリー

 

 

『福祉住環境コーディネーター』をご存知ですか?高齢の方や障害を持った方など、幅広い方に対応した住環境を整備するためには必要不可欠な存在です。

主に、福祉の現場で活躍されている方が多い資格ですが、建築現場でも『福祉住環境コーディネーター』はスキルを発揮し、必要とされる存在です。

 

今回は、その福祉環境コーディネーターがいかに建築の世界に必要とされているかについて、御紹介します。

 

このコラムのPOINT
・『福祉住環境コーディネーター』とは、高齢の方や障害を持った方が、自立した生活を送ることができるように住環境を整備する役割を持つ人の事で、福祉、医療、建築現場など幅広い世界で活躍しています。
・福祉施設建設時に必要な目線や動線の配慮、住環境整備を幅広い知識で行います。
・このコラムを読んでいただくことで、建築現場での福祉環境コーディネーターの役割を知ることができ、プロの目線で作り上げられた福祉施設の姿を知ることができます。

 

 

 

福祉住環境コーディネーターとは

グループホーム オーリー

たまに聞くことはあるものの、具体的にどのような内容の資格であり、仕事を行なっているのでしょうか。

 

福祉住環境コーディネーター

 

『福祉住環境コーディネーター』とは、高齢の方や障害を持った方が、自立した生活を送ることができるように住環境を整備する役割を持つ人のことを指します。

医療や福祉だけでなく、建築について幅広い知識を身に付けています。また、各種の専門家と連携をとりながら、高齢の方や障害を持った方に適切な住宅建築、施設改修プランを提案するという役割を担います。

バリアフリーなどの居住空間の改善を提案することはもちろん、介護用品や生活品などについてのアドバイスも行います。生活の基本である住宅についての知識が深いので、仕事だけでなく、日々の暮らしにも活かしていくことが出来ます。

 

活かすことができる現場は?

 

福祉住環境コーディネーターは、幅広い現場でスキルを発揮しています。

 

福祉関係

もっとも活躍していると言われているのが、宅介護支援センター、高齢者福祉センター、老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、訪問看護事業所、介護保険施設などです。これらの施設では、それぞれの施設内の住環境整備について、アドバイスを行うことをメインに行います。

 

介護ショップや福祉機器メーカー

介護ショップや福祉機器メーカーなどのような販売店では、主に商品の企画や開発などに携わる傾向が強いです。高齢化が進んでいる現在、施設だけでなく自宅にも介護用品を取り入れる人は少なくありません。また、今後さらに需要が高まることは予測されるので、必要とされる場は多くあるでしょう。

 

医療関係

病院などの医療施設では、医師や看護師と連携を取りながら、高齢者や障害を持った方のリハビリやサポートを行います。病院内の環境整備や、福祉用具のアドバイス、導入などの業務を行います。

 

 

このように、様々な現場で必要とされるスキルです。福祉やその環境を取り巻く住環境、介護サービス利用者やその家族の潜在的なニーズを汲み取るだけでなく、各現場がニーズを満たすことができるにはどのような設備や整備が必要か、システムの導入が必要かを考え、行動に移すことが求められます。

 

 

 

建築業界が必要とする理由

精神障害者用グループホーム

先に述べたように、福祉や医療に携わる人の多くが学ぶ福祉住環境コーディネーターですが、建築業界でもそのスキルは発揮されています。

というのも、様々な視点に立った時に、福祉住環境コーディネーターの目線はたいへん貴重なものとなるからです。そのため、リフォーム会社や工務店に勤める建築士なども、積極的に学んでいる資格です。

 

建設業界が必要とするのには、以下のような理由があります。

 

理由その① 福祉施設建設時に必要な目線や動線

 

設計事務所では、マンションやクリニックだけでなく、数多くの福祉施設の設計や監理を行っています。そのため、住環境から働きかけることができる、福祉と建築に関する幅広い専門知識を必要としています。

高齢の方、障害を持った方が快適に過ごすために、長期的に暮らし続けるためには、建築とは別の専門性を活かした建物を作ることが求められます。私たちにとっては特に気にならないような段差でも、高齢の方にとっては大きな障害となってしまう場合があります。そのような時には、福祉住環境コーディネーターが高齢の方がより快適に暮らすことができるために、バリアフリーの住宅改修の提案などを行います。

 

また、建築の知識だけでは時にデザイン性を重視してしまったり、健常者だけが暮らしやすい施設になったりすることもあります。さらに、専門的な知識が少し足りなかったために、本当に必要とされている、求められている設備や環境が抜け落ちてしまうこともあるかもしれません。

そのような、避けることができたかもしれない失敗を事前に回避するためにも、福祉住環境コーディネーターという視点は大きな役割を担います。

 

 

理由その② 建築や医療などの各方面の立場を理解

 

福祉住環境コーディネーターはその資格の性質上、建築や医療、行政など各方面の状況や立場を理解しています。そのため、多岐に渡った視点から、必要とされる提案をすることができます。

建築や医療、福祉について、体系的で幅広い知識を身につけた上でクライアントに適切な施設改修プランを作成します。それだけでなく、福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスすることができます。

福祉施設を造り上げていく上で、各方面の立場を知っている人が仕事に携わっていることは、設計事務所だけでなく、共に仕事をする上でとても心強いものとなります。それは信頼関係の構築に繋がり、より良い仕事へと繋がっていきます。

 

 

理由その③ 住環境整備を幅広い知識で

 

生活を快適にサポートする設備にするために、福祉住環境コーディネーターは住宅に関するアドバイスと合わせて、福祉器具や介助用品の情報提供やアドバイスを行います。

また、高齢の方や障害を持った方に対し、住みやすい住環境も提案します。バリアフリー住宅への新築や建て替え、リフォーム、福祉用具や介護用品、家具などの選択や利用方法とアドバイス、福祉施策や福祉・保険サービスなどの情報提供も行います。

 

そして、福祉住環境コーディネーターが厚生労働省から認められている業務があります。それは住宅改修費支給の申請にかかわる理由書の作成業務です。この業務は福祉住環境コーディネーター2級以上の資格取得者とケアマネジャー、作業療法士のみが認められているものです。こういった業務も幅広く行うことができるので、建築業界で重宝されるものとなります。

 

 

 

スキルを存分に活かせる環境を整える

B型就労支援型複合施設

このように、福祉の現場だけでなく、建築業界でも福祉住環境コーディネーターは重宝されています。

 

福祉施設を造り、運営していく上で欠かせない要素はいくつか挙げられますが、高齢の方や障害を持った方の目線に立って設計されたものか、設備配置されたものかは、今後の福祉施設の経営を成功させるためには重要です。

 


 

横松建築設計事務所は、デザイン性だけでなく福祉住環境コーディネーターの視点をしっかりと取り入れた福祉施設を建築、監理しています。

さらにBIMを利用し、限りなく出来上がりイメージに近づけたものを利用し、打ち合わせも進めています。

BIMを用いたデータ

 

お問い合わせ、ご相談はお気軽にご連絡ください。

  • 概算見積(新築)
  • 概算見積(テナント内小規模クリニック)

概算見積(新築)

施工床面積をご入力いただくと、設計料を見積りできます。
単価については建物の内容等について変動する場合があります。

施工床面積
設計料(税別)
数量単位単価金額
現地調査費用1.00¥50,000¥50,000
企画設計費用(平面、配置)¥700
外観デザイン費用¥1,500
内装デザイン費用¥1,500
外構デザイン費用¥500
サインデザイン費用1.00¥150,000¥150,000
実施設計費用(意匠)¥2,500
BIMモデル作成費用¥1,500
構造設計費用¥2,000
設備設計(消防、給排水、電気)費用¥2,000
現場監理費用8.00¥300,000¥2,400,000
各種検査立会い費用1.00¥150,000¥150,000
法検討費用¥600
確認申請費用¥1,000
消防手続き費用¥700
保健所手続き費用¥700
各種条例手続き費用1.00¥250,000¥250,000
現地測量費用1.00¥300,000¥300,000
地盤調査費用1.00¥300,000¥300,000¥600,000
合計
交通費不要
建て替え費用(申請料等)別途

※構造計算や確認申請等が不要の場合は見積もりに含みません。

支払い1回目(企画着手時)税別
支払い2回目(基本設計着手時)税別
支払い3回目(実施設計着手時)税別
支払い4回目(工事着手時)税別
支払い5回目(竣工時)税別

概算見積(テナント内小規模クリニック)

施工床面積をご入力いただくと、設計料を見積りできます。
単価については建物の内容等について変動する場合があります。

施工床面積
設計料(税別)
数量単位単価金額
現地調査費用1.00¥50,000¥50,000
企画設計費用(平面、配置)¥700
ファサードデザイン費用1.00¥150,000¥150,000
内装デザイン費用¥3,000
サインデザイン費用1.00¥100,000¥100,000
実施設計費用(意匠)¥3,000
BIMモデル作成費用¥1,500
設備設計(消防、給排水、電気)費用¥3,000
現場監理費用2.00¥200,000¥400,000
各種検査立会い費用1.00¥100,000¥100,000
法検討費用¥1,000
消防手続き費用¥700
保健所手続き費用¥700
各種条例手続き費用1.00¥80,000¥80,000
現地測量費用1.00¥100,000¥100,000¥100,000
合計
交通費不要
建て替え費用(申請料等)別途

※構造計算や確認申請等が不要の場合は見積もりに含みません。

支払い1回目(企画着手時)税別
支払い2回目(基本設計着手時)税別
支払い3回目(実施設計着手時)税別
支払い4回目(工事着手時)税別
支払い5回目(竣工時)税別
専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。
ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。
パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。
お気軽にお問い合わせください。

また、遠方のお客様やお時間の取りづらいお客様にWEBを利用したテレビ会議での対応も可能です。

東京事務所
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402
TEL 03-5284-7106

宇都宮事務所
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の打ち合わせ場所 (必須)

打ち合わせ希望日

打ち合わせ希望時間

連絡可能な時間

メッセージ本文

関連記事

  1. グループホーム オーリー

    福祉と建築を結びつける福祉住環境コーディネーター

  2. 『住宅宿泊事業法』とは?今ある不動産を活かすヒント

設計実績一覧

  1. 宇都宮貸家センター駅東支店
  2. グループホーム オーリー
  3. s-clinic
  4. 風之谷国際森林幼児園
  5. 郡山ビル 平面図
  6. ふれ愛の森 グループホーム
  7. ジャングルステーキカフェ
  8. 舘河屋酒店リノベーション

いつでもお問い合わせください

-東京オフィス-
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106
-宇都宮オフィス-

〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

-お問いあわせメール-

yk@yokomatsu.co.jp

お問い合わせフォーム

最近の記事

  1. 保育園・幼稚園等の園舎
PAGE TOP