BLOGブログ

CASBEEとは|概要とインセンティブまとめ

住宅・非住宅に関わらず、省エネ性能・環境にやさしい建物を建てることが推奨され、BELSなどの評価制度が注目されるようになりました。

 

現在のところ認知度はあまり高くないため、自治体に提出する書類の一つにCASBEEがあり、CASBEEとは何かから調べることが多いでしょう。

 

そこで今回は、CASBEEとは何か、CASBEEによるインセンティブについてご紹介します。

 

 

コラムのポイント●CASBEEとは、サステナブルな社会のための建物づくりを評価する制度の一つです。
●CASBEEの概要や評価方法、CASBEE学校・CASBEEウェルネスオフィスについて知ることができます。
●CASBEEにおけるインセンティブについてまとめています。

施工事例をみる

 

 

 

CASBEEとは

 

CASBEEとは、省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮と室内の快適性や景観への配慮なども含めた建物の品質をまとめて評価するものです。

 

2001年4月に国土交通省住宅局の支援のもと産官学共同プロジェクトとして建築物の総合的環境評価研究委員会を設立され、評価内容の見直しなど、年々改良されています。

 

 

評価制度の一つである

建物を評価する制度では、CASBEEの他BELSやeマークなどがあります。

 

BELSやeマークでは、建物のエネルギー性能に特化して評価を行うものですが、CASBEEはエネルギー性能だけでなく総合的な環境性能が評価されます。

 

さらにCASBEEの中でも、住宅系・建築系・街区系・都市系と大きく4分類されていますが、まとめてCASBEEファミリーと呼ばれています。

 

 

評価方法が特徴的

建物を敷地境界で区分した仮想閉空間を設けて、その内側を住環境レベルを示すQ(Quality)、外側を環境負荷のL(Load)として別々に評価します。

 

さらに、住環境Qを環境負荷Lで割ることによって、環境性能効率を示すBEEの数値を算出し、ランク評価に割り当てます。

 

 

評価ランクは5ランクあります。

●Sランク (素晴らしい) :BEE=3.0 以上 かつ Q=50 以上
●Aランク (大変良い)  : BEE=1.5 以上 3.0 未満
●B+ランク (良い)          : BEE=1.0 以上 1.5 未満
●B-ランク (やや劣る) : BEE=0.5 以上 1.0 未満
●Cランク (劣る)            : BEE=0.5 未満

 

 

 

提出が義務付けられている

現在は政令指定都市を中心に24の自治体に限定されていますが、建築物を建てる際に環境計画書の届出を義務付けられています。

 

その届出の際にCASBEE評価書を活用するようになっています。

 

 

CASBEEを届出制度として活用している24の自治体

【東日本】
札幌市・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・柏市・新潟市・愛知県・名古屋市・静岡県・埼玉県・さいたま市・

【西日本】
大阪府・大阪市・堺市・京都府・京都市・兵庫県・神戸市・広島市・鳥取県・福岡市・北九州市・熊本県

 

 

 

CASBEE学校がある

CASBEE建築系の中で、「学校」に特化したCASBEE学校があります。

新築・改修共に対象です。

 

CASBEE学校は、エコスクール事業と密接な関わりがあります。

エコスクールでは、学習空間、生活空間として健康で快適なものとすることと、環境への負荷の低減を両立させることが基本的な考え方であり、CASBEEの評価事項と重なっている部分があります。

 

CASBEEは学校を設立する側にとって、のエコスクールへの取り組みを「見える化」することに役立つものと考えられています。

 

参考:文科省 学校施設における総合的な環境性能評価手法評価マニュアル(2010)

 

 

CASBEEウェルネスオフィスもある

オフィスもCASBEE建築系の一つですが、2019年から開始された新しい評価であり、評価される内容が他の建築物と少し異なっています。

 

CASBEEウェルネスオフィスでは、オフィスビル内での建物利用者の健康性、快適性の維持・増進を支援する建物の仕様、性能、知的生産性の向上に資する要因や、安全・安心に関する性能に対する取組みが評価されます。

 

他のCASBEEに比べ、室内空間の快適性・健康性が評価に加味されます。

 

 

施工事例をみる

 

 

CASBEEによるインセンティブとは

(画像:一般財団法人住宅・建築SDGs推進センター CASBEE評価書を加工して作成)

 

サステナブルな社会の実現に向けた動きとして、建物の省エネ性や環境への配慮を行うように取り組みが全国的に行われていますが、CASBEEの認知度・利用度を上げるために様々なインセンティブ制度が広がっています。

 

建物を建てる際に、CASBEEを利用することで、企業へのプラスイメージを社会に与えることができますし、賢い建て方をすることができるでしょう。

 

 

全国的に行われているインセンティブ

●サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)

●低炭素建築物認定制度

●耐震・環境不動産形成促進事業

●共同型都市再構築業務事業

 

一つずつご紹介しましょう。

 

 

●サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)
国交省が実施している事業であり、令和4年度の第1回公募が終了していますが、おおよそ年2回公募が行われていますので、まもなく公募が開始されるだろうと思われます。

 

CASBEE による評価結果がSランク又は同等以上の性能を有するものであれば、予算の範囲内において、整備費等の一部を補助されます。

 

 

 

●低炭素建築物認定制度
国交省が実施している制度であり、建築物の低炭素化の促進のために誘導すべきその他の基準(選択的項目)として、所管行政庁がCASBEEを基準に定めるものです。

 

建築物が低炭素建築物として認定されることにより、蓄電池やコージェネレーション設備などについて、通常の床面積を超える部分について容積率の算定時に不算入としたり、資金の融資を受ける際に特別利率が適用されるメリットがあります。

 

参考:エコまち法に基づく低炭素建築物の認定制度の概要

 

 

●耐震・環境不動産形成促進事業
環境不動産普及促進機構(Re-Seed機構)が実施する、高い耐震・環境性能を有する不動産の形成を促進する事業です。

 

CASBEEによる評価がAランク以上(既存建築物の建替え の場合にあっては B+ランク以上。)であること及び、CASBEEでのライフサイクルCO2の評価結果の緑星表示が3つ以上であることによって、基金設置法人が耐震・環境不動産支援基金を造成してくれます。

 

 

●共同型都市再構築業務事業
民間土地開発推進機構が実施しており、民間都市開発推進機構が長期で安定的な資金を供給する制度です。

 

CASBEE による評価結果が Aランク以上もしくAランクと同等の環境性能があると、総事業費の50%もしくは公共施設等の整備費のいずれか少ない額が支援されます。

 

 

自治体で行われているインセンティブ

◆総合設計制度等における容積率緩和の条件として

◆住宅購入などの助成制度の判断基準として

◆顕彰制度

 

 

◆総合設計制度等における容積率緩和の条件として
<名古屋市>
CASBEE名古屋の評価に応じて容積率緩和を更に割増(通常は200%までのところ、Sランクは上限250%まで緩和)

<埼玉県>
CASBEE 埼玉県の重点項目の得点に応じて、容積率緩和を最大20%

<大阪市、福岡市、北九州市等>
B+ランク以上で総合設計制度を許可

<横浜市、さいたま市、千葉市、川崎市、堺市、柏市等>
Aランク以上で総合設計制度を許可

 

 

◆住宅購入など助成制度の判断基準として
北九州市・新潟市・横浜市・川崎市・長野県・見附市で実施されています。
対象としている建築物が戸建住宅など住宅ですので、詳細は割愛します。

 

 

◆顕彰制度

<大阪府・大阪市> おおさか環境にやさしい建築賞
<埼玉県> 環境建築住宅賞(一般建築部門)
<神奈川県> かながわ地球温暖化対策大賞
<京都市> 京(みやこ)環境配慮建築物
<神戸市> 神戸市都市デザイン賞(地球にやさしいCASBEE建築部門)
<静岡県> くらし・環境部環境配慮建築物表彰制度
<柏市> 柏市環境配慮建築物表彰制度
<堺市> CASBEE堺建築環境賞

 

施工事例をみる

 

 

CASBEEで評価される建築物を建てよう

CASBEEは、建物のエネルギー性能と環境性能と総合的に評価されるものです。

 

CASBEEで評価を得ると、建物の性能のよさをアピールすることができますし、しいては企業のアピールとしても有益です。

 

自治体が義務化しているからという理由ではなく、一企業として、行うべきことと考え行動していただきたいと思います。

 

こちらにお電話をおかけください。

03-5284-7106

×
MENU