守谷の保育園

保育園の安全について

昨今は共働きの時代で、「保育園、落ちた」と嘆いている保護者が多いです。待機児童がいる限り、新しく保育園が開園されることを待ち望んでいる方は多く、実情から国としても保育園の増設を推進しています。

保育園経営にとって安全確保は必須

保育園を運営していくにあたり、園児の安全を確保することは必須です。しかし、子どもは思わぬ行動を起こします。安心・安全保育を行っていくために、どんなことができるでしょうか。

園内での子どもの怪我や事故は、保育士さんだけの責任ではありません。園児が使用するテーブルの角を丸くする、トイレのドアを指が挟まないようなつくりにするだけで怪我・事故を防ぐことができます。こうした設備面での安心・安全対策も行えるのです。

保育園で起こりやすい事故・怪我を検証し、今回は、設備面での対策方法をご紹介していますので、保育園の開園に向けて、準備を進めている中、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

保育園で起こる事故・怪我とは

平成27年度教育・保育施設等の事故防止のためのガイドライン等に関する調査研究事業検討委員会で発表された内容を踏まえてご紹介します。

誤飲(主に0〜2歳児)

おもちゃの誤飲をはじめ、床に落ちているものを口に入れてしまいます。

転倒や衝突(全園児)

一番多い事故・怪我のケースです。

0歳児で転倒はないと思うかもしれませんが、オムツ替えの際に目を離してしまいベットなどから転落したりする事故があります。他にも以下のような原因による事故・怪我があります。

  • プールやトイレなど、床が濡れている場合に滑って転倒
  • 園庭の遊具で遊んでいて転落
  • 園内を走り回って、子ども同士で衝突
  • テーブルの角で衝突

と列挙していくとキリがありません。

お昼寝中やプールでの保育活動中での窒息(全園児)

お昼寝の場合は、寝返りがうてないこともあり、主に0歳〜1歳の乳児で多く発生しやすい事故です。

水遊び・プールのような保育活動の一環では、先ほどご紹介したような「転倒」が原因とも考えられますが、どんなに浅くても溺れて窒息してしまうケースもあります。

食物アレルギー(全園児)

5ヶ月以降になると、子どもは何かしら食事を取ります。卵・牛乳のほか、りんごやももなど果物のアレルギーや大豆アレルギーの子もいますので、給食では分けて提供しなければいけません。また子ども同士で交換してしまいアレルギーの食べ物を食べてしまう場合も想定できます。

地震や台風などの自然災害(全園児)

自然災害ですから、どうしても不可抗力になってしまいますが、想定しなければいけないケースです。
火事は、隣の建物などから移ってきてしまった場合も考えられますが、調理室での火事も想定できます。調理室からの出火の場合は、人為的ミスが原因です。

不審者の侵入や連れ去り(全園児)

いつどこから侵入してくるか分かりません。一番危ないとされる時間帯は、多くの人が出入りし不審者でもまぎれ込みやすいので、送迎の時間帯といえるでしょう。
もちろん時間関係なく侵入される可能性はありますし、ふと目を離した隙に連れ去り事件も考えられます。

怪我・事故に対する防止策は主に人の目に委ねられる

子どもたちから目を離さないことが求められます。

  • 保育士さんの人数を増やす
  • 保育士など職員がいない時間を作らない

といった対策しかできず、保育士さんの責任が重くなっているのが現状です。

園内・保育活動に起こりえる各事故や怪我に対し、具体的な保育士さんや職員さんの目・気の配り方を、全日本私立幼稚園連合会発行の安全の対策の手引きを参照し紹介します。

転倒・転落・衝突の場合の防止対策

  • 子どもへの指導(トイレやプールでは走らない、用具や遊具の正しい使い方など)を行う
  • 子ども一人一人の性格や行動を理解する(興味を持つものや身体能力に差ががあるため)
  • 遊具や施設の安全点検を定期的に行う

窒息事故の防止対策

<お昼寝時>

  1. うつぶせにして寝かせない
  2. 柔らかい布団やぬいぐるみを使用しない
  3. 衣類の紐や電気コードといった紐状のものがないか確認する
  4. 寝返りしていないかなどこまめにチェックする

呼吸をさえぎらない工夫が必要となります。

<プール活動中>

  1. 動いていないや、不自然な動きをしている子がいないかどうか見る
  2. プール内の監視者を置き、監視に専念する

浅いから大丈夫ではありえません。いかに隅々まで目を光らせるかが大事です。

誤飲や食物アレルギーの摂取への対策

<誤飲を注意する場合>

  1. 食べる速さを強要せず、ゆっくりと食べさせる(驚かせないことも大事)
  2. 一度に多くの量の食べ物や飲み物を摂取させないようにする
  3. 口の中ものを飲み込んでいることを確認する
  4. 食べ物ばかりでなく、適宜飲み物を与えたり、勧める
  5. 睡魔がある状態で食べさせない

給食中での注意ばかりになってしまいましたが、おもちゃの誤飲も考えられますでの、おもちゃや小さい道具を使う保育活動の際にも確認が必要です。

<食物アレルギーを注意する場合>

  1. 家庭で与えていないものや、初めての食べ物を与えない
  2. 献立・調理・配膳の際は、普通食と混ざらないように徹底管理する
    (担当者を決める、材料の保管場所を分けるなど)
  3. 形や見た目に違いをつける(アレルギー除去食と普通食の差を明確にする)
  4. アレルギーのチェック体制を2重・3重と行う

保護者からの聞き取りや、医師の証明書の提出もお願いしましょう。
また年長児になると、アレルギー食に対して子どもも意識できますが、食べ物交換をしないように指導も行えます。

自然災害や不審者の侵入を防ぐ対策

  1. 火事の場合・地震の場合など各災害に対応した避難訓練などを行う
  2. 関係機関との連携・情報収集できる体制を整える
  3. 園内を定期的にパトロールする
  4. 子どもだけで行動しないように保育士など付き添いをつける

怪我や事故は、保育活動中に起きてしまうため、実際に開園し、保育士や職員さんの管理・意識の持ち方に頼ってしまわないといけません。

設備面でできる安全対策

ここからは、予め考え行える園舎のつくり(設備)での安全対策をご紹介します。

怪我への配慮

<教室内>

  1. 証明は足元や手元が十分に確認できるように明るくする
  2. 子どもの手が届く部分に指を挟まないように工夫したドアを設置する
  3. 証明器具はプラスチック素材を使ったものにする
  4. 転んでも衝撃を和らげるクッションフロアにする
  5. 壁の角は丸みのある仕上げ材を使用する

意外と盲点となるのが、収納スペースです。きちんと収納スペースを確保し、管理しやすくすることで、物がごちゃごちゃにならず、怪我を防ぐことにも繋がります。

<トイレ>

  1. 水周りは防滑性の高い床材を使用する

ドアも、教室同様に指挟み防止用にすることもポイントですし、衛生面にも特に気をつけたい場所です。

<園庭や廊下・門>

  1. 子どもが挟まれない間隔の門にする
  2. ベランダの柵は、子どもが届かない高さにする
  3. 階段の手すりは、滑り遊びができないつくりにする

教室外は、特に子どもたちが活発に動く場所です。危険な遊びをできないようにする工夫が大切です。

不審者侵入防止や事故防止のために

  1. 監視の目が届かない場合は防犯カメラを設置する
  2. 通報システムを導入する

設備でできる安全対策をご紹介しました。今回は怪我・事故を中心とした内容ですので、衛生管理の面では割愛しています。

安心・安全保育ができる環境を一緒に作る

人の目に頼りがちな保育園の安心・安全対策ですが、ご紹介したように設備面からも安全対策は行えます。

(株)横松建築設計事務所では、これまでに様々な園舎の設計に取り組んで参りましたので、実績もノウハウも十分にあります。

子どもたちへの安全対策も必要ですが、開園にあたり、他園との差別化も必要になります。差別化するポイントは、教育方針だけでなく、園舎のデザイン・雰囲気も一つかと自負しています。

一緒に魅力あふれる園を作っていきませんか。

他にも補助金申請やオリジナル家具の作成など園舎作りに関わる業務もお手伝いが可能です。

ご参考に過去の実例をご覧ください。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. 小規模保育事業について

PAGE TOP