特別養護老人ホームの安全対策・スタッフ動線について

高齢化に伴い、年々需要が増えてきている特別養護老人ホーム。利用者の方々が過ごしやすい空間であることはもちろん、経営者としては常に需要があり、入居したい人がたくさん訪れる施設であってほしいのではないでしょうか。
人気が高く、快適に過ごすことができる特別養護老人ホームは、安全対策がしっかりとなされており、働くスタッフの動線もきちんと整えられています。

今回は、特別養護老人ホームを建てる前に知っておきたい、安全対策やスタッフ動線を考えた施設の建築について、ご紹介します。


コラムのポイント
・特別養護老人ホームとは生活全般における介護を行う施設です。『終の棲家』として求められる設備や機能を、建築段階から反映させる必要があります。
・介護事故を防ぐため、高齢者の方々にとっては大きな障害となるような段差や角は設計段階からなくしておきましょう。
・スタッフ動線も考えた上で施設の設計をすることで、安全性が高く質の高い介護サービスを提供できる特別養護老人ホームになります。


 

 

 

 

特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホームとは、要介護者に対して、入浴や排泄、食事、介護、日常生活の世話を行うだけでなく、機能訓練や健康管理など生活全般における介護を行う施設のことです。

新規の入所者は、原則要介護3以上の高齢者に限定されており、在宅で生活することが困難な要介護者を支える施設とされています。
入所者の方は、
・認知症の方が9割以上
・平均要介護度は3.85
というように、重度化が進んでいます。そのため、死亡退所も多いのが現実です。

前回の介護報酬改定では、医療ニーズが高い入所者への対応とともに、介護福祉施設サービスでの看取り介護の質を向上させるため、『看取り』介護サービスの加算も大きく広げられました。日常生活での安全管理はもとより、看取り体制を一層強化していくため、夜間や緊急時の看護体制、医療提供の在り方について検討が求められています。

 

特別養護老人ホームの安全対策

特別養護老人ホームには、『終の棲家』として求められる設備や機能を、建築段階から反映させる必要があります。

予見可能性と対策の適切性

認知症の方、要介護度の高い方を相手にする以上、介護事故の時発生をなくすのは極めて困難です。しかし、予想されるリスクに備えることは可能です。
事故を起こさないように発生防止に努めるだけでなく、もし事故が起きたとしても被害を最小化する対策をしておきましょう。被害が最小化されることで、利用者の大きな怪我に繋がることなく、安心して施設での日常を過ごすことができます。
施設側としてできることは、あらかじめ予想されるリスクについて予見し、必要な対策を講じることです。

多くの事故原因は転倒や転落

高齢者が過ごす施設で起こる事故の中で、最も多いのが転倒や転落です。骨折した、打撲してしまった、という原因のほとんどを占めます。要介護度が高いということは、それだけ自分の意思で動くことができません。どうにかして動こうとして、介助中に、といった理由で事故が起こることは珍しくありません。

 

介護事故を防ぐには…

私たちにとっては何でもないような段差や、壁や棚などの角でも、高齢者の方々にとっては大きな障害となります。これは、施設をつくる段階ですべて保護するなり隠すなりする必要があります。ちょっとした心配りで、入所者の方が過ごしやすく、かつ安全面にも配慮した施設となります。
もし、転んだりつまずいたりしても大きな事故になることを防ぐことができます。

 

 

LIASON COMMUNITY LABO

 

 

安全対策としてあらかじめできること

施設の建築を始める前に、事故を予防するためには、あらかじめ施設についての情報収集をしておきましょう。

介護現場で実際に働いている人は、『ヒヤリハット』という状況を多く経験しています。ヒヤリハットとは、突然の出来事やミスに『ヒヤリ』としたり『ハッ』としたりするような、大きな事故に直結する一歩手前の出来事のことです。
実際に入所者を介してみないとわからない、と思うかもしれませんが、施設や設備によってヒヤリハットという状況が起こることは皆無ではありません。どのような施設や設備の状態の時に、ヒヤリハットとなる状況が起こるのか、どうなっていれば防ぐことができたのか、などあらかじめ把握しておきましょう。

重度の要介護者が過ごす施設として、安全対策面で特別養護老人ホームは機能性の高さを備えておく責任があります。現場の声も参考にしながら、ハード面を整えていきましょう。

特別養護老人ホームで介護事故が発生しないように、予防をしっかりしておくことは重要ですが、万が一事故が起きてしまった場合、原因を明らかにして介護サービスの改善や質の向上につなげることが大切です。また、同時に入所者の方やご家族の方にも説明し、理解をしていただくことが大切です。
施設側が再発防止のためにどのような努力をしているか、事実にしっかりと向き合って冷静に事故を分析し、その後のサービスの質向上につなげられるか、については現場でできる改善策であり、施設の信用問題にも関わってきます。

特別養護老人ホームの事故予防に関する取り組みは、施設全体で取り組み、報・連・相の仕組みづくりだけでなく、職員の教育、労務管理、人事考課や評価にもしっかりと取り入れましょう。働く上で常に組織づくりについて意識しておくことが大切です。組織全体で、意識するというバランスが取れていることで、リスクマネジメントにつながるだけでなく、質の高いサービスの提供にもつながります。
安全性の高い施設が出来上がったら、ソフト面でも安全対策をしていきましょう。

 

安全対策もなされたスタッフ動線

特別養護老人ホームで働くスタッフは、一つの施設の中でですが想像以上の距離を動きながら働いています。この建物の中を人が通ると思われる経路を、線で表したものを動線といいます。設計の際、移動距離が長くなりすぎないよう特に考慮するポイントです。
動線が短くなれば、移動距離や時間を短くすることができるため、仕事を効率化するだけでなく、入所者の方々との時間もつくることができます。

人の移動と物の配置

特別養護老人ホームでは、限られた人数のスタッフが、質の高い介護サービスを日々行っています。そのスタッフの動きに配慮した動線を計画し、部屋や物の配置を決めていくことがとても重要です。
たくさんの利用者の方々に関わりながら、同じような動作して何度行ったり来たりするような職場では、設計段階で考慮できたであろう無駄な動きを生み出す動線が、時間と労力の大きなロスになります。アットホームな小規模な施設ならまだしも、大規模な施設になってくるといかに効率的に働けるかは重要な課題です。

福祉現場という特殊な環境を考えた時、福祉住環境コーディネーターというプロの意見が反映されているかどうかは、より良い施設づくりにおいて重要です。プロの視点が加わった福祉施設であることは、入所者の方の暮らしやすさだけでなく、施設としての稼働率向上や安定した経営など、関わる人々全体にプラスに働きます。
これらの意見が活かされた特別養護老人ホームであれば、安全性も高く、スタッフも動きやすい高機能な施設として長く人々に愛されるでしょう。

福祉と建築を結びつける福祉住環境コーディネーター

 

 

みんなにやさしい施設づくりを

特別養護老人ホームを設計する際、デザイン性はもちろんですが安全性、スタッフの動きやすさが考えられているかどうかはとても重要です。
これから施設建築に取り掛かる、設計を依頼する、という段階であれば、そういった細かいところまで配慮の行き届く設計事務所に依頼をすると安心です。横松建築設計事務所には、福祉住環境コーディネーターが在籍していますので、福祉施設の建設をお考えの方はぜひお問い合わせください。

 

 

 

 

  • 概算見積(新築)
  • 概算見積(テナント内小規模クリニック)

概算見積(新築)

施工床面積をご入力いただくと、設計料を見積りできます。
単価については建物の内容等について変動する場合があります。

施工床面積
設計料(税別)
数量単位単価金額
現地調査費用1.00¥50,000¥50,000
企画設計費用(平面、配置)¥700
外観デザイン費用¥1,500
内装デザイン費用¥1,500
外構デザイン費用¥500
サインデザイン費用1.00¥150,000¥150,000
実施設計費用(意匠)¥2,500
BIMモデル作成費用¥1,500
構造設計費用¥2,000
設備設計(消防、給排水、電気)費用¥2,000
現場監理費用8.00¥300,000¥2,400,000
各種検査立会い費用1.00¥150,000¥150,000
法検討費用¥600
確認申請費用¥1,000
消防手続き費用¥700
保健所手続き費用¥700
各種条例手続き費用1.00¥250,000¥250,000
現地測量費用1.00¥300,000¥300,000
地盤調査費用1.00¥300,000¥300,000¥600,000
合計
交通費不要
建て替え費用(申請料等)別途

※構造計算や確認申請等が不要の場合は見積もりに含みません。

支払い1回目(企画着手時)税別
支払い2回目(基本設計着手時)税別
支払い3回目(実施設計着手時)税別
支払い4回目(工事着手時)税別
支払い5回目(竣工時)税別

概算見積(テナント内小規模クリニック)

施工床面積をご入力いただくと、設計料を見積りできます。
単価については建物の内容等について変動する場合があります。

施工床面積
設計料(税別)
数量単位単価金額
現地調査費用1.00¥50,000¥50,000
企画設計費用(平面、配置)¥700
ファサードデザイン費用1.00¥150,000¥150,000
内装デザイン費用¥3,000
サインデザイン費用1.00¥100,000¥100,000
実施設計費用(意匠)¥3,000
BIMモデル作成費用¥1,500
設備設計(消防、給排水、電気)費用¥3,000
現場監理費用2.00¥200,000¥400,000
各種検査立会い費用1.00¥100,000¥100,000
法検討費用¥1,000
消防手続き費用¥700
保健所手続き費用¥700
各種条例手続き費用1.00¥80,000¥80,000
現地測量費用1.00¥100,000¥100,000¥100,000
合計
交通費不要
建て替え費用(申請料等)別途

※構造計算や確認申請等が不要の場合は見積もりに含みません。

支払い1回目(企画着手時)税別
支払い2回目(基本設計着手時)税別
支払い3回目(実施設計着手時)税別
支払い4回目(工事着手時)税別
支払い5回目(竣工時)税別
専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。
ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。
パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。
お気軽にお問い合わせください。

また、遠方のお客様やお時間の取りづらいお客様にWEBを利用したテレビ会議での対応も可能です。

東京事務所
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402
TEL 03-5284-7106

宇都宮事務所
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の打ち合わせ場所 (必須)

打ち合わせ希望日

打ち合わせ希望時間

連絡可能な時間

メッセージ本文

関連記事

  1. BIMを使った提案が満足度の高い理由

  2. 富士を望む幼稚園

    既存の幼稚園又は保育園からの幼保連携型認定子ども園への用途変更について…

  3. 岡本の住宅

    【土地活用】後悔しないためにやっておきたい2つの準備

  4. ジャングルステーキカフェ

    売り上げと直結する店舗設計のチカラ

  5. IT不動産

  6. BIMデータ作成サポートサービス

    BIMx

  7. 大寛のカフェ

    なぜ?リノベーションは設計事務所に任せて損はない理由

  8. つるみ脳神経外科

    【必読】クリニック開業までのスケジューリング

設計実績一覧

  1. 大島交流拠点施設(仮称)デザイン設計競技 案
  2. 高松市屋島山上拠点プロポーザル
  3. 黒磯まちなか交流センター
  4. nursery school K
  5. 南大通りの住宅
  6. 大田原の住宅
  7. 富士を望む幼稚園
  8. s-clinic

いつでもお問い合わせください

-東京オフィス-
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106
-宇都宮オフィス-

〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

-お問いあわせメール-

yk@yokomatsu.co.jp

お問い合わせフォーム

最近の記事

  1. 西荻窪ハナハウス リノベーション
  2. 富士を望む幼稚園
  3. 守谷の保育園
PAGE TOP