大寛のカフェ

なぜ?リノベーションは設計事務所に任せて損はない理由

 

今の住まいをリノベーションして新たな家として暮らし始めたい、中古物件を購入し店舗として使うためにリノベーションしたい…。新しい季節、既存の建物に対し、新たに手を加え何かを始めようと踏み出す方も多いはず。

リノベーションを行う会社は多く存在しますが、その中でも委ねるべきは設計事務所です。理由は幾つかありますが、一つは1級建築士だから、ということ。

今回は、設計事務所が行うリノベーションの良さとなぜお勧めなのかという理由についてご紹介します。

 

大寛のカフェ

コラムのポイント
・リノベーションとは、今ある建物に対して大規模な工事を行うことで、新築の状態よりも性能を向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
・リノベーションを設計事務所に委ねることで、斬新なアイディアの提案だけでなく、意図的な工夫や建物の可能性を開花させるべく術を使って対応してもらうことができます。
・このコラムを読んで頂くことで、設計事務所にリノベーションを委ねるメリットを知り、今後のリノベーションの検討材料にすることができます。

 

 

 

リノベーションとは

鶴田の住宅

 

リノベーションとは、今ある建物に対して大規模な工事を行うことで、新築の状態よりも性能を向上させたり、価値を高めたりすることを言います。

リフォームとリノベーション、どちらともよく聞き似たような言葉ですが、意味合いが全く違ってきます。

 

リフォームとは元に戻すこと

リフォームとは、建築後長い時間を経たことで、汚れて古びてしまった内装を新築の状態に近づけるための改修のことを指します。剥がれてしまった壁紙を貼り替える、床板を張り替える、古くなった浴室まわりを新しいものに取り換える、などが挙げられます。

大掛かりに取り壊して新たなものをつくり上げて…というわけではなく、部分的や表層的に改修工事を行うことで、古びてしまった住まいを新築当時の状態に戻すために、原状回復するために行われます。

 

 

リノベーションは刷新

リノベーションは、間取りや内装、配管などすべてを一旦ゼロから考え直し、これから住む人たちの暮らしに合わせてつくり替えることによって機能を刷新し、新しい価値を生み出すことです。

定年退職を機に新たな土地に引っ越し、そこで購入した中古物件の壁を取り払って光と風が通り抜ける広々としたリビングをつくったり、家族向けの部屋をひとり暮らしにあった間取りや機能に刷新したりすることで、そこで暮らす人に向けて新たな価値を提供することができます。

刷新によって、新たな価値の創出とこれから住む人のライフスタイルにあった暮らしの創出、といったプラスαの様々なものを生み出すことができます。リフォームはマイナスから0にすること、リノベーションは0から1にも100にもすること、と考えてもらうと分かりやすいのではないでしょうか。

 

 

 

リノベーションの魅力

大寛のカフェ

リノベーションの魅力は、多岐に渡ります。

 

魅力① 自由に設計することができる

リノベーションによって、内装デザインを変えたり間取りを変えたり、設備機器交換、水回りの位置変更など自由に設計することができます。既存の住まいにあわせ、生活スタイルを変えていくのではなく、生活スタイルに住まいを合わせていくことができます。

新築とは違い、すでにあるものに対して設計を加えていきます。そこに不自由を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、設計は制約の中からこそ大きな価値が生まれるのです。

 

魅力② 今後の資産性

マンションの資産価値は、築年数の経過とともにどんどん下がっているのが日本の現状です。約20年で、建物の価値は下がりきるとまで言われています。そして築20年を超えた時点で、中古マンションとしての資産価値はほぼ同じであると言えるでしょう。

最新設備の整った築5年、10年の築浅マンションは、今後ますます価値が下がる可能性があります。資産形成という視点で見た時に、今後の価値が下がりに悔いのが中古物件なのです。

 

魅力③ 物件の選択の幅が広がる

都心に住みたい、地方でも交通の便が整った場所に住みたい、しっかりとした建物に駐車場も完備されている場所に新店舗を出店したい…。現在希望しているエリアで、希望に合致した理想通りの物件を探し出すのは意外と難しいものです。特に、駅の近くや人気エリア、市街地のような好立地には建物が立ち並んでおり、今後新たな物件が建つことはとても稀です。

中古物件であれば、価格も高騰しすぎておらず、利便性が良く人気の高いエリアでもある程度価格を抑えて手に入れることができます。また、物件数もとても多いので、希望に応じた物件が見つかりやすく、選択肢を広げることができます。

 

 

 

設計事務所はリノベーションに強い

大寛のカフェ

では、いざリノベーションをするとなった時に、どこにリノベーションを頼みますか?ハウスメーカー?懇意にしている工務店?様々な選択肢があると思いますが、ぜひ設計事務所に依頼する、という選択肢も視野に入れておいてください。

設計事務所をお勧めする理由として、以下のような理由が挙げられます。

 

 

理由⒈ 斬新なアイディアを持っている

建築士は、建物のあらゆる可能性を探りながら設計、建築を進めていきます。お客様のこんな暮らしがしたい、あんな間取りにしたい、というイメージを超えたものを提供することができます。

想像している以上の提案がなされたら、さらにそれが形にされたら。この間取りではこのプランしか組めません、といったような画一的なものではなく、一人ひとりの理想や生活に合ったものが生み出されることに対しては、誰もが幸せを感じるのではないでしょうか。

 

 

理由⒉ 意図的に工夫をなすことができる

間取りに関して、キッチンだからこう、リビングだからこう、というように画一的な間取りになっているケースは多々あります。また、物件によっては空間が細かく区切られ、多様な空間活用すらままならない場合もあります。

このような状況に対しても、暮らしやすさや利用しやすさ、導線など様々な視点をもとにして意図的な設計の工夫をすることができます。建築士だからこそなせる技でしょう。

 

 

理由⒊ 建物の新たな可能性を開花させることができる

リノベーションは、今あるものに対して手を加えることで、性能の向上や新たな価値を見出すことです。今までは、一つの用途、一つの方法でしか活用されていなかった建物に、新たな可能性を見出し、カタチにする。設計事務所にリノベーションを委ねることで、これらを実現していくことができるのです。

『創造とは、逆境の中でこそ見出されるもの』とかつて大物建築家が入っていたように、すでに存在し手を施すのが難しいような建物という逆境の中でこそ、リノベーションという創造が価値を創出するのです。

 

このように、設計事務所に委ねることによって得るものはとても大きく、新たな暮らし、新たな生き方をさらに飛躍させるような後押しとなるのです。

 

 

 

 

 

リノベーションで建物に新たな価値を見出す

大寛のカフェ

改革や挑戦、創造。今ある場所から新たな場所に行くためには、今まで積み上げてきたものも活かしつつ進んでいく必要があります。
建物も同じで、新たな道を進んでいくためには、リノベーションという改革が最も有効でしょう。

 

お持ちの物件の活かし方を悩んでいる、中古物件を手に入れてリノベーションし新生活を始めたい。いろいろな想いを、ぜひお聞かせください。
数多くの実績をもとに、設計事務所として相談にのらせて頂きます。

 

 

 

 

専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

関連記事

  1. ほりファミリー歯科

    クリニックの開業|知っておきたい建築基準法と諸手続き

  2. 岡本の住宅

    【土地活用】後悔しないためにやっておきたい2つの準備

  3. 特別養護老人ホーム新築に関わる法規制

  4. ジャングルステーキカフェ

    売り上げと直結する店舗設計のチカラ

  5. 精神障害者用グループホーム

    福祉住環境コーディネーターが活躍する建築業界

  6. 不動産と土地

  7. 永田眼科クリニック

    クリニックの効果的なホームページ活用法

  8. 家賃保証会社

PAGE TOP