設計監理

BIMを使った提案が満足度の高い理由

ほりファミリー歯科

商業施設や福祉施設、幼稚園などの建築を進めていく際、図面を見ながら設計内容の話を進めていくことが多々あります。しかし、施工者が図面を立体的にイメージすることができなかったり、設計者と施工者双方とで意見や捉え方が違ったりすると、スムーズに話を進めることができない…という状況に陥ってしまいます。
しかし、『BIM』を使うことで、こういった状況は生じにくく、設計をスムーズに進めていくことができます。
今回はBIMとは何か、どのように利用され利用することにどんな利点があるのかをご紹介しましょう。

 

 

このコラムのPOINT
・BIMとは、『ビルディング インフォメーション モデリング』のことで、コンピュータ上にバーチャルな建築物を3次元で作成し、CGパースやアニメーションによって設計内容を視覚化する設計手法です。
・BIMには、設計者や施工者の意見を明確に反映、スムーズな意思疎通、設計ミスの減少、働き方改革などの利点があります。
・このコラムを読んでいただくことで、BIMの基礎を知ることができます。

 

 

BIMとは?

ほりファミリー歯科 待合室

 

まずBIMについて、言葉を聞いたことはある、という方は多いのかもしれません。最近では、各設計事務所が取り入れており、BIMを使用していることを打ち出しています。

BIM(Building Information Modeling)

BIMとは、『ビルディング インフォメーション モデリング』の頭文字をとったもので、BIM(ビム)と呼ばれており、『ビル=建築物』『インフォメーション=情報』『モデリング=3次元モデル』のことです。
コンピュータ上にバーチャルな建築物を3次元で作成し、CGパースやアニメーションによって設計内容を視覚化することで、早い段階からデザインイメージを作成者以外でも確認できる設計手法です。
さらに、材料属性、寸法や数量等の数的属性、その他様々な情報を入力することで、設計や施工、維持管理ができるだけでなく、業務や生産性の効率化や、品質を向上させていくことができます。

2次元から3次元へ

BIMの最大の特徴は、何と言っても3次元モデルでしょう。建築物を設計する際には、製品情報や位置情報、材料数量価格など多岐に渡った情報が必要で、それを情報ごとにリンクさせ、管理していく必要があります。これらの情報を、設計図とBIMとをリンクしデータベース化することで、設計から監理施工、維持修繕まで一元化して管理することができるようになりました。

 

図

 

今まではCADと呼ばれる製図ソフトを用い、建設業界では設計図が制作されていました。しかしCADでの設計では限界がありました。
CADは本来、製図ソフトです。製図版を使い、紙と鉛筆で線を引いて設計していた原始的な方法を、コンピュータでできるようにしたソフトです。そのため、基本的には2次元の設計を行うためのものです。
CAD製品の中には、2次元の設計をもとにして3次元の設計を作成できるものがあったため、それをもとに3次元でのイメージをつかみ、設計上の問題点を把握していました。しかし、本来は2次元の製図ソフトです。問題点の修正は、2次元の図面上で修正し、再び3次元の設計を行い、修正結果を確認する、というとても効率が悪い段階を経る必要がありました。
そして、もともとが2次元での情報で成り立っているものなので、とある一面が壁なのか床なのか、それとも天井なのかがわかりづらく、問題点を把握しにくいという状況でもありました。

このように、弱点や問題点があったCADでしたが、今までは熟練した設計士の高い能力によって補うことができていました。しかし、現在では人手不足や設計の複雑化などにより、設計ミスが増えてきており、結果として建設業界全体の問題となっているのです。
こういった流れの中で、BIMという新たな設計手法が注目されているのです。

BIM導入によって得られた効果

CADは2次元での設計が基本です。しかし、BIMは3次元の設計を最初から行うことができます。
もし、3次元の設計上問題点が見つかっても、すぐに修正することが可能です。そもそも問題の発見もCADに比べて簡単にできます。そして、修正結果もすぐに確認することができるので、作業の効率化が図れます。

さらに3次元の設計を元にして、設計者と施工者が施工上の問題点などを話し合うことができるので、施工者側から見ても問題点の指摘が容易になりました。そのため、施工段階に入ってからの問題発覚も、減らすことができるようになりました。

 

 

BIMが必要とされる理由

BIMによる初期提案時点のイメージパースと完成写真の比較

 

このような時代の流れの中で浸透してきたBIMですが、建設業界からも、施工者からも必要とされる理由はたくさんあります。

 

 

意見を明確に反映することができる

設計を進めていく上で、設計図を作り上げるのは設計士の役割です。しかしその中で、設計者だけでなく施工者の意見を拾い、的確に反映していく必要があります。CADでは難しかった意見の明確な反映は、BIMを使用することで、3Dを元に施行者も状況を把握しながら進めていくことが可能となりました。建築性能や構造、環境性能、解析などを都度確認しながら、意見の反映を容易に行うことができます。

 

スムーズに意思疎通を図ることができる

BIMは3次元の設計です。そのため、3Dという『絵』で視覚的に理解できてコミュニケーションをとり、意思疎通を図ることができます。絵なので、設計図が読めない子どもでも、出来上がった建築物の姿を容易に理解することができます。うまく活用することで、プロジェクトの関係者全員がBIMを元に建築物の仕上がりを簡単にイメージすることができるようになります。
スムーズな意思疎通や意思決定は、高品質なプロジェクトを推進するために欠かせない要素です。 結果として、より高い性能の建築を、高いコストパフォーマンスで実現することができます。

 

設計ミスの減少につながる

BIMを使うことで、設計の初期段階で細部に渡り検証ができるようになりました。、それだけでなく、設計者と施工者とがスムーズに意思疎通を図れるようになりました。その結果、複雑なデザインや設備であったとしても着工前に問題解決に至ることができ、ミスの減少につながっています。そして設計ミスが減少したことにより、無駄なコスト削減にも繋がっています。

 

働き方を変えさらに生産性を上げる

BIMの導入は、働き方にも大きな影響を及ぼします。現在のようなクラウド社会では、世界中のどこにいても仕事ができるのです。会社にいなくても、自宅やシェアオフィスなど、個々の能力を十分に発揮できる環境を選び、仕事を進めていくことができます。結果として省力化やペーパーレス化、生産性や品質の向上につながるだけでなく、工期の長期化や遅延の減少も期待されます。

 

ただ、将来を見据えてBIMの導入や人材確保を行う企業も多いものの、BIM技術を使える人材がいなかったり、育成する時間がなかったりという問題、BIMを使える人材はまだまだ少なく外注も難しい現状など、課題点はまだ多くあります。

 

 

 

BIMで理想の建築物を

BIMによる初期提案時点のイメージパースと完成写真の比較

 

BIMを使用することで、設計者と施工者の意思をすり合わせながら効率よく建物建築を進めていくことができます。
仕事を進めていく上で特に重視されるコミュニケーションの部分も、BIMを挟むことでスムーズに進めていくことができます。

 

BIMを用いたデータ

建物を準備するためのノウハウや建築に関する法律などYA+Aがこれまで設計してきたノウハウをレポートにまとめました。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

  • 住宅の設計
  • リノベーション
  • 園舎の設計
  • クリニックの設計
  • 店舗・商業施設の設計
  • 共同住宅の設計
  • 社会福祉施設の設計
  • 葬祭会館の設計
専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. 社会福祉法人茨城補成会 多目的棟

    障害者支援施設とグループホーム

  2. 宇都宮の保育園 フリースペース

    企業主導型保育園について

  3. ジャングルステーキカフェ

    売り上げと直結する店舗設計のチカラ

  4. ウブントゥ

    保育園の補助金について

  5. 富士を望む幼稚園

    幼稚園・保育園経営のポイント

  6. 不動産と土地

  7. ランチルーム

    【保育園経営】いまある土地を活用してできること

  8. ほりファミリー歯科

    クリニックの開業|知っておきたい建築基準法と諸手続き

PAGE TOP