つるみ脳神経外科

【必読】クリニック開業までのスケジューリング

つるみ脳神経外科

 

クリニックの開業を決め、いざ準備を始めようとした時に重要なのが、どのような流れで開業を進め、
どうスケジューリングを組むかです。最初にしっかりと計画を行い、それに基づきながら進めていくだけで、
手探りながらも着実に開業準備を進めていくことができます。

 

 

このコラムの内容
・クリニックの開業準備として、まずは基本理念を決め、診療方針、経営基本計画を練りましょう。
・人口や交通量に基づいた開業地選出、事業計画書の作成、それに基づいた資金調達、
設備投資、諸手続きなどが開業に向けて必要です。

・このコラムを読むことで、自分のベストな開業時期、クリニック開業をする上で必要な工程を知ることができます。
また、クリニック開業にあたっての建築実例を知ることができます。

 

まずは基本理念・診療方針・経営の基本的な計画を

 

つるみ脳神経外科

 

クリニックの開業を決めたら、まずは基本理念を明確にし、診療方針や経営基本計画を立てましょう。
クリニックの開業、経営の土台となる部分なので、最初にしっかりと時間をかけて慎重に考える必要があります。

診療方針や経営基本計画の作成自体は難易度が高いものではありません。
なぜ開業するのか、どういう診療をするのか、といった開業の動機を掘り下げていくことで、自然と考えが固まり作成につなげることができます。
開業動機は人それぞれです。技術を活かす、医療貢献、人間関係に注力したくない、収入を上げたい…。
美しい理由でなくても、開業に向けてのエネルギーとなる動機であれば十分です。
本心に向き合って開業動機を明確にしておくだけで、ご自身にあった計画や診療方針を立てることができます。

» クリニック等の医療施設の設計について詳しくはこちらをクリックしてください。
基本理念

組織がその根本に据える理念や目標、思想のことです。クリニックを開業するにあたり、
どんな目標を掲げ、どんな思想で診療を行うのか、今後の方向性を左右する重要なことです。ブレないように固めておきましょう。

基本方針

どのような患者さんに、何を、どのように提供するのかを決めましょう。
得意な分野に絞るのか、知識や経験がある範囲で、診療範囲を広げるのか…ご自身の考え、やり方にあった方針を決めましょう。

開業までの流れとスケジューリング

つるみ脳神経外科

 

クリニックの開業の時期は、年度末で現職場を退職し4月〜6月に開業する医師が多い傾向にあります。
開業当初は慣れないことが多いので、クリニック繁忙期と開業時期が、なるべくかぶらないようにしましょう。
繁忙による手際の悪い対応や、不慣れからくる医療ミスにより、クリニックの印象を悪くする恐れがあります。
避けられるリスクはあらかじめ避け、計画を練ることで開業後もスムーズにクリニックを運営することができます。

では、開業に向けていつ頃から開業準備を始めたらよいのでしょうか。
新規開業の場合であれば、余裕を持って1年以上かけて準備をしていきましょう。
開業地選出から資金調達まで、より綿密な計画を立て、着実に準備を進めていくことができます。

開業地を決める

開業に向けてやるべきことの中でも、特に重要なのは開業地を選出することです。
開業地は集患に直結し、今後の経営がうまくいくかどうかの大きな鍵を握っています。
なかなかよい物件が見つからない、候補がたくさんあり決められない、という状況に陥るかもしれませんが、
のちの計画に遅れが出ないよう考慮しつつ納得のいく開業地を見つけましょう。

開業地を見つけるために把握しておくポイントは3つあります。

 

① 周辺人口と人の動きを把握する

開業地周辺の人口は、来院患者数に直結します。
今だけでなく、10〜20年後まで経営を続けることを想定し、人口に加え年齢構成、家族構成、転勤世帯が多いのか、
子どもの数はどうなのか、などを把握できるようにあらかじめ市場調査を行いましょう。

 

② 交通機関の状況を把握する

徒歩、自転車、車、公共交通機関など、移動手段は主に何が使われているのかによって人の流れは変わってきます。
最寄り駅の規模によっても違うでしょう。専門性の高い医療を中心に行うのであれば、
広範囲の集患が可能な駅近くでの開業、というように考えられます。
また、移動手段による道の状況により人通りが大きく異なってきます。実際に確認しておくと安心でしょう。

 

③ 競合医院の数と実態を把握する

既に多くのクリニックが開業しており、長年経営して実績を積んでいるのであれば、
他のエリアを検討する、異なる医療を提供する、など検討しましょう。

 

これらのポイントに気をつけて、開業地を決めましょう。
また、クリニックを開業する場合は保健所の許可が必要です。
開業地が決まったら、契約を結ぶ前にまず保健所に確認し、その場所にクリニックの開業ができるのかどうかを確認しましょう。

資金調達を行う

資金調達のため、融資を受けるのであれば経営計画を示した事業計画書の提出が必要です。
政府系金融機関、メガバンク、地方銀行などさまざまな金融機関が融資を行っています。

» クリニック等の医療施設の設計について詳しくはこちらをクリックしてください。
事業計画書とは

開業時に必要な以下の内容をまとめたものです。
・開業時の支出内訳
土地、建物、内装、テナント敷金、医療機器、広告宣伝費など
・資金調達の内訳
自己資金、借入金、リースなど
・開業後の初年度収支計画

銀行の融資を得るというだけではなく、開業後の状況把握や経営指針を把握するためにも、事業計画書は重要です。
自己作成も可能ですが、綿密な内容に仕上げるためにも税理士やコンサルタントに依頼し作成を頼んだ方が確実でしょう。

 

設備を整える

テナントに入居する場合は、ビル自体の基本設備の細かなチェックを行います。
また、クリニック内で使用する医療機器は、性能のいい大病院や大学病院で使い慣れたものを使いたいかもしれません。
しかし、高価な性能のいい機器を揃えるだけの融資が下りない可能性もあります。
必要最低限の性能に絞り、確実に必要な設備を整えていくようにしましょう。
機器の耐用年数やメンテナンスの頻度などのチェックも合わせて行いましょう。
経営していく上で、診療内容の変化や医療機器の進化は十分に考えられます。5〜10年後を想定し、設備面を整えていく必要があります。

そして設備とともに、内装も重要です。
クリニックとはいえ、居心地の良い待合い室や診察室であれば、それだけでクリニックの評価も高まります。
建築実例の多い、経験豊富な建築士や設計事務所の力も借りながら、計画を進めましょう。

 

諸手続きを行う

クリニックを開業する場合、様々な届出が必要となります。
診療所開設届は保健所に、保険医療機関指定申請は厚生局に、など多岐にわたります。各機関に事前相談の上、確実に提出しましょう。

修正が生じたり、思ったより審査に時間がかかったりと、
順調に手続きが行われない場合を想定し、段取り良く早めに取り掛かるようにしましょう。

開業に向けてしっかりと段取りを

つるみ脳神経外科

 

開業するタイミングは人それぞれです。今、という方もいれば5年後、という方もいらっしゃるでしょう。

開業医という今後の人生を思い描くのであれば、キャリアプランを明確にしてしっかりとしたスケジューリングを組み、
開業に向けた準備を進めていきましょう。

建物を準備するためのノウハウや建築に関する法律などYA+Aがこれまで設計してきたノウハウをレポートにまとめました。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

  • 住宅の設計
  • リノベーション
  • 園舎の設計
  • クリニックの設計
  • 店舗・商業施設の設計
  • 共同住宅の設計
  • 社会福祉施設の設計
  • 葬祭会館の設計
専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. LIASON COMMUNITY LABO

    【有効活用】特殊建築物を用途変更する重要性

  2. 鹿沼のデイサービス トイレ

    トイレのバリアフリー化と補助制度の活用

  3. 精神障害者用グループホーム

    福祉住環境コーディネーターが活躍する建築業界

  4. ほりファミリー歯科

    【設計から内装まで】デザインビルドで建てるクリニック

  5. 畑

    【土地という財産】空き地のままで終わらせない活用方法7選

  6. 高根沢

    商業施設建築の建設費算出・欠かせないインフラ整備と総費用

  7. 設計監理

    BIMを使った提案が満足度の高い理由

  8. 永田眼科クリニック

    【クリニック経営】成功する秘訣とは

PAGE TOP