土地売買契約条項 第6条

土地売買契約条項 第6条

 

 

(売買代金の清算)

売買代金について実測清算を行う場合において、実測面積と標記の面積(C)が異なる場合には、その異なる面積に1m2標記の単価(D)を乗じた額を残代金支払時に清算する。

2 売買代金について実測清算を行う場合においても、建物については、実測による売買代金の清算を行わないものとする

 

実測売買型の契約方法によって契約するため、実測面積と標記面積とに差異があった場合、その清算をする方法について規定した条項です。

 

実測売買の本来の方式は契約締結時までに土地の実測面積を確定し、それに基づいた売買代金によって契約し、決済をします。

ただし、取引の円滑化を図るため、実際には契約時に公簿面積(謄本に記載された面積)によって暫定的に売買代金を決めておき、その後引き渡しまでに、測量を行い、その実測面積と公簿面積との差について清算することも多いです。

一般的にこれを実測売買と呼んでいます。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. 宅地建物取引業者の社会的使命および倫理

  2. 建築費を左右する建設費指数と建築費コストダウンのための具体的方法

  3. 斜線規制、天空率について

  4. 土地探しのついでに①

  5. どんな家を建てたい

  6. 土地の地歴調査

  7. 栃木県産材

  8. 図

    デザインビルドとは?建築事務所が対応する多様なニーズ

PAGE TOP