宅建業者・宅建士に対する宅建業法上の主な規制

宅建業者・宅建士に対する宅建業法上の主な規制

 

○宅地建物取引士の業務処理の原則など(宅建業法 第15条、第15条の2)

 

宅地建物取引士は、宅地建物取引業の業務に従事するときは、宅地又は建物の取引の専門家として、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実にこの法律に定める事務を行うとともに、宅地建物取引業に関連する業務に従事する者との連携に努めなければならない。

 

宅地建物取引士は、宅地建物取引士の信用又は品位を害するような行為をしてはならない。

 

宅建業法の一部が改正され、平成27年4月1日より「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」に名称が変更されたことに伴い、新たに規定されたものです。

宅地建物取引士は不動産取引の専門家であることを宅建業法に明文化し、不動産取引の専門家として公正かつ誠実に業務を行い、「士」に対する期待・信頼を裏切らないことを求めています。

 

 

○宅建業者の業務処理の原則(宅建業法 第31条)

宅地建物取引業者は、取引の関係者に対し、信義を旨とし、誠実にその業務を行わなければならない。

 

この信義誠実義務は、民法第1条2項にも規定されている 私法秩序の原則であり、宅建業者が業務遂行するに際しての基本となる大原則です。

建物を準備するためのノウハウや建築に関する法律などYA+Aがこれまで設計してきたノウハウをレポートにまとめました。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. 【有効活用】特殊建築物を用途変更する重要性

  2. ほりファミリー歯科

    【設計から内装まで】デザインビルドで建てるクリニック

  3. 図

    デザインビルドとは?建築事務所が対応する多様なニーズ

  4. 不動産を相続|必要な税金と対策

  5. ランチルーム

    【保育園経営】いまある土地を活用してできること

  6. 東日本大震災復興特別区域法2

  7. 土地売買契約条項 第4条

  8. 田舎だからこそできる土地活用と活用方法

PAGE TOP