人口減少2

人口減少2

 

栃木県の人口が2030年には予測として約200万人から約180万人に減ることに対して不動産の立場から考えてみます。

人口が減少の過程で、住み人がいなくなった住宅、住むのが不便になった住宅などが出てくると、余った住宅が増えてきます。このとき、古すぎてリフォームなどを施しても住むことができない住宅は、そのままにするか、建て壊すかになりますが。法律改正で空き家をそのままにしておくメリットがなくなれば、建て壊して、更地にする動きが加速すると思われます。リフォームをして、再利用する動きは増えると思います。

高齢者が増えていくのは、統計のデータからも明らかなので、高齢者向けの住宅を考えると、便利な場所への終の住処を求めるニーズに対して応えるのもいいかと思います。団地から市街地へ。徒歩で買い物ができる場所へ行く。将来的に、配達の利便性が今以上に上がって、外に出て買い物をすることが減るかもしれませんが。

 

若い人が新しく住宅を求めるときに、以前と違って、新しい団地、分譲地に土地を求める流れとともに、余った土地、空き家を活用する流れが増えていくと思われます。

移民を大量に受け入れるような政策や、合計特殊出生率が2,3に増えたりするようなことがない限り、統計的に見て、人口が減るので、この変化に対して何ができるかよく考えていきたいと思います。

 

建物を準備するためのノウハウや建築に関する法律などYA+Aがこれまで設計してきたノウハウをレポートにまとめました。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

  • 住宅の設計
  • リノベーション
  • 園舎の設計
  • クリニックの設計
  • 店舗・商業施設の設計
  • 共同住宅の設計
  • 社会福祉施設の設計
  • 葬祭会館の設計
専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. 登記簿

  2. 高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者居住確保法)

  3. 宅地造成等規制法

  4. 不動産のクーリングオフ

  5. 家賃滞納

    住宅ローン事前審査基準

  6. どんな家を建てたい

  7. 街並み

    競売3点セット

  8. 坪単価

PAGE TOP