長期優良住宅制度

長期優良住宅制度

 

目的:長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅(長期優良住宅)の普及を促進することで、環境負荷の低減を図りつつ、良好な住宅ストックを将来世代に継承することで、より豊かでやさしい暮らしへの転換を図る

 

・住まいを長く使うことで環境問題に貢献する。住宅や除去に伴って廃棄物の排出。しいては二酸化炭素の排出を抑制する

・住宅ストックが出来ることで、中古住宅市場の活性化になる。今までは建てては壊すのが基本的であったが、長持ちする建物が増えれば、建て直すことなく、リフォームなどによって利用するケースが増えていくだろうということです。

・フロー(新築)から、ストック(保存)、量から質への転換。上記と被りますが、質の高い建物を建てて、長持ちするようになれば、長期間保有していてもあまり価値が下がらずに資産価値が以前より維持できることになり、ストックとしての価値があるようになります。

 

このような長期優良住宅の条件として

・高い耐震性  耐震等級は2以上とすること。または免震建物

・高い断熱性能 次世代省エネルギーの断熱性能をもった建物

・高い耐久性 劣化の低減の等級3および床下、天井裏点検口と床下の高さは330mm以上あること

・高い維持管理性 維持管理の等級3

・住宅の面積 55平方メートルを下限として、2人世帯で75平方メートル以上の床面積

・維持管理の計画と保存 建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修などに関する計画が策定されていること。その建築および維持保全の状況に関する記録を作成し、これを保存すること

 

行政庁や確認審査機関に書類申請を提出し、用件を満たしていると「認定」してもらえます。

 

税金などの優遇措置も受けることができます。

・住宅ローン減税

・投資減税型の特別控除

・登録免許税の税率が下がります

・不動産取得税の控除拡大

・固定資産税の特例措置の延長

 

税金以外のメリットとして、中古住宅として売るときにも、一定の評価が得られることも可能になります。

建物を準備するためのノウハウや建築に関する法律などYA+Aがこれまで設計してきたノウハウをレポートにまとめました。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

  • 住宅の設計
  • リノベーション
  • 園舎の設計
  • クリニックの設計
  • 店舗・商業施設の設計
  • 共同住宅の設計
  • 社会福祉施設の設計
  • 葬祭会館の設計
専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. 都市再生特別措置法

  2. 登記簿

  3. 住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)

  4. 住宅ローンの体系

  5. コンバージョン

  6. 建物の区分所有等に関する法律

  7. ITを活用した重要事項説明に係る社会実験について②

  8. 土壌汚染対策法

PAGE TOP