家賃保証会社

家賃保証会社

 

賃貸住宅の契約時に必要な貸借人の連帯保証人を代行する会社のこと。貸借人が家賃滞納などの家賃債務の債務不履行をした場合、貸借人に代わって家賃保証会社が代位弁済を賃貸人に行う。賃貸保証会社、家賃債務保証会社という呼称を用いることもります。

言い換えると、アパートを借りている人が家賃を払えなくなったときに、大家さんに代わりに家賃を払い、大家さんの変わりに取立てをする会社のことです。

昔は、保証人の欄には親戚を書いたりしていた人が多かったと思いますが、現在ではこのような保証会社を使う人も増えてきています。

 

メリット

借主にとっては、何らかの事情で連帯保証人が立てられない場合でも、保証会社を利用できれば借主の収入や社会的信用で部屋を借りられる可能性があるというメリットがあります。貸主にとっては、借主の家賃不払リスクを軽減できるメリットがあります。

 

デメリット

保証会社は本来リスク受容の対価として保証料を徴収し運営していきますが、家賃滞納や夜逃げが多発しているため、退職者でない十分な収入がある保証人を要求することが多いです。審査基準を収入や勤続年数などに重点をおいているそうです。また、保証契約時に家賃総額の3割から10割を払ったりすることもあったり、保証会社そのものが倒産したりするケースも出てきています。保証料の相場は保証会社によって異なり、家賃の半月分、一か月分、家賃の30~70%程度、1~3万円程度の固定額などさまざまです。2年ごとの更新時には、初回契約時より安く設定される例も多いそうです。

 

審査についてですが、会社によって様々ですが、「賃貸保証データベース」を活用する家賃保証会社の場合、過去に家賃の滞納記録があると審査に通ることが難しいそうです。データベースには、指名、生年月日、運転免許番号など個人を特定する情報とともに、過去の保証内容に係る情報や代位弁済残高などが登録される。また、明け渡しの際の費用負担などをめぐるトラブルで未払いがあれば、それが正当かどうかに関わらずブラック情報として登録されるそうです。自分が悪くなくても、貸主や管理会社との間で問題を起こせば次の賃貸借契約で不利になることもあるため十分に注意して下さい。

建物を準備するためのノウハウや建築に関する法律などYA+Aがこれまで設計してきたノウハウをレポートにまとめました。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

  • 住宅の設計
  • リノベーション
  • 園舎の設計
  • クリニックの設計
  • 店舗・商業施設の設計
  • 共同住宅の設計
  • 社会福祉施設の設計
  • 葬祭会館の設計
専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. ほりファミリー歯科

    【設計から内装まで】デザインビルドで建てるクリニック

  2. 敬愛会

    社会福祉施設に求められる設備について

  3. 設計監理

    BIMを使った提案が満足度の高い理由

  4. オノプラント

    特定建築物として注意|特殊建築物との違いは

  5. 家賃滞納

    建築費を左右する建設費指数と建築費コストダウンのための具体的方法

  6. 鹿沼のデイサービス トイレ

    トイレのバリアフリー化と補助制度の活用

  7. baku

    なぜ?リノベーションは設計事務所に任せて損はない理由

  8. LIASON COMMUNITY LABO

    【有効活用】特殊建築物を用途変更する重要性

PAGE TOP