住宅ローンの体系

住宅ローンの体系

 

住宅ローンを大きく分けると2つになります。

・公的住宅ローン

財形住宅融資:国と勤務先の事業者が協力して融資する公的な住宅ローンで、住宅の購入や建築、リフォームと広範囲に利用できます(借り換えは対象外)。ただし、融資対象の住宅が定められた技術基準に適合する必要があります。近年、公的ローンの中では最も金利が低いものとなっています。適用金利は申込時点の金利になりますが、5年ごとに金利が見直されるので注意して下さい。

自治体融資:都道府県、市町村が申し込み窓口となり、その地域に一定期間居住又は勤務している人に対して行う融資です。自治体によって条件がことなるので注意して下さい。所得制限、床面積の制限などもあることもあります。

 

・民間住宅ローン

固定金利型:金利が固定されているローン。特徴として毎月返済額と総返済額は確定しています。また、選択する人の目安として、将来の支出や収入に不確定要素がある。教育費がこれからピーク(高校入学、大学入学など)を迎える。金利情勢に左右されたくない。返済期間が長いなどがあります。

変動金利型:金利が変動するローン。金利を見直すのが年に2回(半年型)などがあります。金利の変動も1・25倍までの上限になっていることが多いです。安定した収入が見込める。教育費のピークが終わった。借入額が少ない、返済期間が短いなどの人が選択することが多いです。

固定金利期間選択型:最初の数年間だけ固定金利ですが、その後は変動金利に移行するものです。契約の種類によっては、一定期間経過後に固定金利にできたり変動金利にできたりするものもあります。メリットとして、ローン開始時の固定金利が低いことが多いので、最初の数年間は支払いが安くなるというメリットがあります。変動金利になった場合、金利の上昇幅に限度がないので、どこまで金利が上昇し、支払いが増えるかがわからないデメリットがあります。

フラット35:最長35年間の長期固定金利で、適用金利は融資実行時の金利になります。最高8,000万円が融資限度額であり、財形住宅融資との併用も可能です。融資対象の住宅への技術基準がいろいろとありますので、注意して下さい。

建物を準備するためのノウハウや建築に関する法律などYA+Aがこれまで設計してきたノウハウをレポートにまとめました。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

  • 住宅の設計
  • リノベーション
  • 園舎の設計
  • クリニックの設計
  • 店舗・商業施設の設計
  • 共同住宅の設計
  • 社会福祉施設の設計
  • 葬祭会館の設計
専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. 生産緑地制度

  2. 人口減少と不動産

  3. 広告における徒歩所要時間

  4. 不動産証券化

  5. 宅建業者・宅建士に対する宅建業法上の主な規制

  6. 建築設計×土地探し×リノベーション

  7. 不動産瑕疵

  8. 地すべり等防止法

PAGE TOP