セットバック

都市計画区域および準都市計画区域内において、敷地が幅員4m未満の道路(建築基準法第42条第2項道路)に接面している場合、敷地の境界を道路中心線から2m(道路の反対側が崖または川などの場合、反対側の道路境界から4m)後退させることをセットバックといいます。後退した部分(セットバック部分)は道路とみなされ、建ぺい率、容積率の算定上も除外されます。道路とみなされるため、建物は建てることができません。また、塀や門なども同様です。
土地を買うときには、接している道路の幅員が4m以上あるかどうか確認しないと、思いもよらない建築制限を受けます。
物件の資料などに書かれている「要セットバック」は、このセットバックを行わないと建築できないという意味で、「セットバック済み」というのは、既に土地を後退させて接道幅4mの条件を満たしてあるという意味になります。

42条2項道路に指定されているかどうかは、役所の建築指導課で調査する必要があります。以下の場合に該当すると2項道路の可能性は高いです。
・現況の幅員が4m未満
・その道路が不自然にでこぼこしている
・その道路沿いでL字溝が新しくなっているところがある
・役所の金属プレートがL字溝に貼られているところがある

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. 坪単価

  2. 土壌汚染対策法

  3. 東日本大震災復興特別区域法

  4. 登記の疑問点

  5. 河川法

  6. 石綿(アスベスト)

  7. ローン借り換え

  8. 不動産投資

PAGE TOP