日刊建設通信新聞主催「BIM未来図 設計BIMの2020年代を考える」登壇案内

日刊建設通信新聞さん主催の「BIM未来図 設計BIMの2020年代を考える」オンラインイベントにて事例発表をさせて頂きます。
BIMの今がわかると分かると思います。
下記タイムスケジュールです。
(10:05-10:55) 「建築設計事務所におけるBIM活用の展開に向けて(仮)」
佐野吉彦(株式会社安井建築設計事務所)
トラック2(11:00-11:50) 「建築情報の仕組みとして考えるBIM(仮)」
村井一(東京大学生産技術研究所)
トラック3(11:55-12:35) 「設計領域を拡張するためのBIM(仮)」
藤井亮介(藤井亮介建築研究所)
浜田晶則(浜田晶則設計事務所)
トラック4(13:15-13:55) 「BIMの活用と設計事務所の成長・成熟について(仮)」
大石佳知(アーキキューブ一級建築士事務所)
横松邦明(横松建築設計事務所)
トラック5(14:00-14:40)「BIMを活用した設計体制の整備について(仮)」
大橋龍二・伏見歩・高島史弥(株式会社三橋設計)
トラック6(14:45-15:25)「BIMを用いた設計情報の連携について(仮)」
坂井 悠佑(日建設計)
吉原 和正(日本設計)
トラック7(15:30-16:10)「寄り添うBIMと変えるBIM(仮)」
清家剛(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
トラック8(16:15-17:00)パネルディスカッション「設計BIMの2030年(仮)」
PAGE TOP