BLOGブログ

木造による大規模建築物の省エネルギー基準と開口部のポイント

2021年の建築物省エネ法の改正により、建物における省エネルギー基準(以下省エネ基準)の関心が高まっていますが、もっぱら「住宅」での基準です。

 

「非住宅」では、延べ面積 300㎡以上の建物において省エネ基準の「適合義務」が課されているため、「非住宅」の中大規模の建物を新築・改修する人にとって、切り離すことができません。

 

今回は、300㎡以上の「非住宅」の木造の中大規模の建物の省エネルギー基準についてまとめました。

また、省エネ基準を満たすために要となる開口部のポイントをお伝えします。

コラムのポイント●非住宅の省エネルギー基準についてわかります。
●300㎡を超える非住宅では、省エネルギー基準の「適合」義務もしくは「届出」義務が課せられています。
●非住宅において軽視できないことは断熱であり、断熱性能を高めるための開口部のポイントが分かります。

 

 

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法 律(通称:建築物省エネ法)について

建築物省エネ法は、平成 27 年 7 月に公布され、建築物が備えるべき省エネ性能の確保のために必要な建築物の構造及び設備に関する基準が定められました。

 

非住宅においては、「適合」義務の建物と「届出」義務の建物の2つに分かれます。

 

 

「適合」義務と「届出」義務の違い

令和3年4 月以降より延べ面積300㎡以上の特定建築物では、基準の「適合」義務が課せられています。

 

また特定建築物に該当しない非住宅のうち、延べ面積300㎡以上の建物は、エネルギー消費性能基準の「届出」義務があり、著しく基準に満たない場合は所管行政庁が必要に応じ、指示できることとなっています。

 

 

「適合」義務は建築確認に連動

建築確認の際に、省エネ基準に適合しているかどうかの判断も行われ、基準を満たしていないと建築主事より、建築の許可がおりません。

 

所管行政庁あるいは登録省エネ判定機関に、省エネ性能確保計画(省エネ計画)を提出し、「適合判定通知書」を交付してもらわなければなりません。

 

その「適合判定通知書」の原本もしくはコピーが建築確認の申請の際に、提出し、工事完了検査を受けることになっています。

 

 

「届出」義務の場合

工事に着手する日の21日前までに、所管行政庁に省エネ計画を届出なければいけません。

 

エネルギー消費性能基準に適合していない場合、省エネ性能確保のため必要があると認めるときは、計画の変更等の指示・命令がくだされます。

 

なお、、省エネ基準への適合に係る民間審査機関による評価書を省エネ計画の届出と同時に提出することで、省エネ計画の提出(届出)が最短3日前までに短縮することができます。

 

 

エネルギー基準適応対象外の非住宅の建物もある

「適合」義務、「届出」義務の両方の適応対象外の建物は以下の通り

 
・「畜舎」や「自動車車庫」といった客室がない、もしくは高い開放性を有している建物
・「文化財指定された建築物」等保存のための措置等により省エネ基 準に適合させることが困難な建築物
・仮設建築物

 

 

POINT
非住宅に該当する部分のうち、高い開放性を有している部分がある場合、高い開放性がある部分の床面積は算入しません。

例)300㎡の非住宅で、うち100㎡が高い開放性がある部分とすると、200㎡が省エネ基準を適応すべき部分となりますが、300㎡以下のため、「届出」義務から除外されます。

 

 

省エネルギー基準の評価

非住宅では、特定建築物かどうかに関わらず、建築物に導入する設備機器等の一次エネルギー消費量の基準(BEI)が1.0以下になることのみです。

 

算出方法は、計算支援プログラムの標準入力法もしくはモデル建物法のいずれかを利用します。

 

POINT
計算支援プログラムの入力時には、外皮に関わる部分も入力しなければならなないため、一次エネルギー消費量だけを考えていればよいわけではありません。

 

参考:中大規模木造建築の設計プロセスの全体像 省エネ・温熱環境性能の計画・設計

建築物省エネ法概要 資料

 

 

施工事例をみる

 

 

省エネルギー性能を高める開口部のポイント

非住宅の外皮性能は、省エネ基準の適合では計算されませんが、計算支援プログラムで開口部(建具)の仕様・性能を入力する項目があり、軽視することはできません。

 

また、外皮は、断熱性能を左右するものであり、一次エネルギー消費量を減らすための省エネ効果を高めるだけでなく、室内の快適性を向上させます。

 

 

外皮と断熱

外皮とは、屋根・床・壁・開口部(窓や扉)を指し、特に熱が伝導しやすいのは、開口部です。

 

非住宅では、壁をガラス張りなどスケルトンにすることが多いため、断熱性能に力を注ぐべきかと思います。

 

開口部の断熱性能を高める方法として、サッシとガラスの素材が重要になります。

 

 

POINT
屋根・床・壁が木である場合、他の素材より断熱性能が高いため、構造部だけでなく、積極的に採用することをおすすめします。

 

 

計算支援プログラムでの入力の仕方

非住宅では、標準入力法もしくはモデル建物法のいずれかのプログラムを利用することが一般的です。

開口部の仕様・性能を入力の仕方をご紹介します。

 
 

■建具の種類・ガラスの種類
■建具の種類・ガラスの熱貫流率・ガラスの日射熱取得率
■窓の熱貫流率・窓の日射熱取得率

参考:日本サッシ協会 わかりやすいサッシ・ドアの性能

 

なお熱貫流率や日射熱取得率は、定められている算定方法により算出された値が用いられますが、建具の種類・ガラスの種類の組み合わせで入力する場合は、(国研)建築研究所HPに掲載されている「窓性能の一覧表」を活用するといいでしょう。

 

 

開口部の建具の種類

これまでアルミサッシが利用されることが多かったのですが、アルミサッシは、安価・軽い・丈夫というメリットがあるものの、熱の伝導率が非常によく、断熱には向いていません。

 

だからこそ、断熱という観点を大切にするなら、
・木製サッシ
・樹脂製サッシ
・アルミ樹脂複合サッシ
・アルミ熱遮断構造サッシ

 

いずれかを採用しましょう。

 

 

環境省の大臣室では、すでに高性能の樹脂サッシ「プラスト」が導入され、断熱効果の高さを実証しています。

参考:塩化ビニル環境対策協議会トップニュース

 

 

POINT
木造の非住宅は1階・2階が全体の約95%を占めるため「住宅用サッシ」を使用することができます。ただし、オートドアなど「住宅用サッシ」では対応できない場合もあり、使い方には注意が必要です。

 

 

ガラスの種類

ガラスは一枚ガラスである単板ガラスの場合、断熱性能は非常に劣ります。

 

・トリプルガラス
・LOW-E複層ガラス
・複層ガラス

 

以上の3つのタイプのガラスは、断熱性能が高いタイプのガラスのため、いずれかを採用するといいでしょう。

予算の関係や窓の大きさが関係しますが、せめて複層ガラスを取り入れるように、頭の片隅にでもいれておいてください。

 

 

施工事例をみる

 

 

省エネルギー基準を満たした建物を建てよう 

面積300㎡以上の特定建築物をはじめ、中大規模の非住宅の建物では、省エネルギー基準を満たすことで、「適合」義務、もしくは「届出」義務を果たすことができます。

 

低炭素社会・サステナブルな社会にしていくために、必要な措置・法令ですので、まずは省エネルギー基準に関する知識を深めておきましょう。

 

 

 

 

こちらにお電話をおかけください。

03-5284-7106

×
MENU