相続税

相続税額=(全ての財産額―基礎控除額)×相続税率
の計算式で計算することができます。

基礎控除額は2015年1月1日に税制が変更され
基礎控除額=3000万円+600万円×相続人数 になります。
つまりこの金額までは相続税はかかりません。

すべての財産額ですが、不動産においては買った金額ではなく、「固定資産台帳や路線価」などから評価に対しての課税となりますので、納税額が少なくなる傾向があります。
土地は路線価に基いて、路線価の80%の評価額となります。
建物は一般的には固定資産課税台帳に記載されている固定資産評価額に基いて評価されます。およそ建築費用の50~60%で評価されることが多いです。
不動産投資として第三者に賃貸すると、上記の建物の場合の70%になります。
また小規模宅地などの特例により、土地の相続税評価額が更に減額されます。

このように不動産は財産額として、評価額が少なくされる傾向があるため相続税対策としての効果があります。
ただし、不動産を相続税対策に利用する場合のデメリットとして、不動産は分割しにくいことがあげられます。相続人が2人なのに不動産が1つしかなければ相続が難しいです。相続人2人で共有するのかなど問題が生じます。
また、不動産にすると固定資産税を定期的に払う必要も出てきます。
なんでもかんでも不動産するのではなく、現金とのバランスを考えることが大切になります。

各種建物の設計について詳しくは下のボタンをクリックしてください。

専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

※メールや電話よりも使い慣れた方が多いと言う事もあり、公式ラインアカウントを作成致しました。
下記QRコード読み取り、もしくはボタンよりご登録頂けます。
ラインでの配信は基本いたしませんので、お気軽にご登録ください。

YA+A 公式ラインアカウント

関連記事

  1. 原価法

  2. 不動産取得予算

  3. 霧降の住宅

    【非課税】住宅取得等資金贈与のしくみと手続き

  4. 不動産の図面

  5. 宅建業者・宅建士に対する宅建業法上の主な規制

  6. 不動産登記について

  7. 宅地造成等規制法

  8. 廃棄物の処理及び清掃に関する法律

PAGE TOP