富士見が丘の家

富士見が丘の家

 

専用住宅

木造2階建

延べ床面積:130.20㎡(39.30坪)

設計:株式会社 横松建築設計事務所

施工:有限会社 建都

 

住まいの設備を選ぶ本 2014春号 掲載

建築ジャーナル 第1214号 掲載

 

山の上の住宅、目の前には木々が多くあり、春には山桜が満開となります。

道路や隣家の視線にかからない位置に大開口を設け緑豊かな山の景色を取り込みつつプライバシーも確保しています。

03

 

8

1階はリビング、キッチン、トイレ、洗面室、風呂、土間収納となっています。

9

2階はサブリビングと寝室2室となっています。

02

 

ガラスの向こうに見えるx型のブレースで耐震性を確保しています。

01

 

外壁にはウエスタンレッドシダーを貼っています。

日本では米杉(べいすぎ)と呼ばれていますが、実は杉ではなく、ヒノキ科ネズコ属の樹木です。

腐りにくく虫害にも強いので外壁に貼るのに適した木材です。

04

 

玄関部分にはアクセントととして栃木県産の大谷石を貼っています。

大谷石は雨濡れでみそが出やすくなってしまうので軒をさらに深くした位置に施工しています。

05

 

道路に対して家の角度を振っているので道路からは大開口の中が見えて視線が気になるということはありません。

06

07

08

 

夜景、大開口から漏れる光と木のぬくもりが山と調和しています。

 

09

 

玄関を開けると中にも大谷石を貼っています。

10

 

お施主様のご希望で玄関ドアの幅は1.4Mとかなり大きくなっています。

床材は無垢のパイン材を使用しています。

11

 

1階リビングからの眺め、大開口ですが向かいが山なので隣家の視線等は木にせずに開放的にくつろぐことが出来ます。

12

 

畳スペースとリビングは天井までの建具で仕切っているので通常時は開け放して広く利用、来客時には建具を閉じて部屋として利用します。

13

 

畳スペースから階段方向を見る。

14

15

19

 

階段側から畳スペースを見ています。

16

 

キッチンその他水回りはお施主様のお勤めのハウステックの製品を使用しています。

17

 

吹抜の見上げ、天井にはラーチ合板を目透かし張りとしています。

キッチン手前の棚は大工製作で小さい手洗いを設けています。

18

 

吹抜は北側に位置するので天窓を設け採光を確保しています。

20

 

2階のサブリビング、天井を貼らず構造体をむき出しにして天井を高くとっています。

構造材と天井のラーチ合板と大開口から見える山の景色がマッチした空間です。

21

 

空と山の景色を見ながら無垢のパイン材フローリングの上でいつまでもくつろいでいられる空間です。

22

 

 

写真はありませんが目の前の山桜が満開の時の眺めは圧巻です。

どこにも出かけずに家の中で花見ができる最高のロケーションです。

23

24

 

夜もまた山と空とぼんやり明るいぬくもりがある癒しの空間となっています。

 

下は提案時のBIMデータです。

1

2

3

4

5

6

8

9

7

関連記事

  1. 大寛町のカフェリノベ

  2. フローリング貼り

  3. 大田原の家

  4. 塙田の家

  5. 川口の家

  6. 宇都宮上町教会

  7. 屋島山上拠点施設 プロポーザル案

  8. 川口の住宅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

設計実績一覧

いつでもお問い合わせください

-東京オフィス-

 
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光マンション402号室
TEL 03-5284-7106
 

-宇都宮オフィス-

 
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226
 
お問い合わせ

最近の記事

  1. 2016.12.13

    三軒茶屋LUZ

最近のコメント

    PAGE TOP