BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)

【実例】BIMのメリットと建築実例

 

同じ業界にいれば、必ず耳にするBIMという言葉。ただ、よくシステムがわからない上に身近に使いこなせている人がいない…。そんな悩みを抱えてはいませんか?
BIMは、最初は難しいと感じるかもしれません。しかし使いこなせるようになると、メリットが多く仕事の生産性を上げてくれるものです。

今回は、BIMのメリットと建築実例、さらにBIMを導入するための具体的方法をご紹介します。

iPad などのタブレット等でお客様と設計者は容易にデータの共有がはかれます

 

コラムのポイント
・BIMとは、コンピューター上にバーチャルな建築物を3次元で作成し、CGパースやアニメーションによって設計内容を視覚化する設計手法です。
・BIMのメリットは、クライアントとのイメージの共有や一元管理が簡単にできること、意思疎通が円滑になること、工事費の計算がしやすいことなどが挙げられます。
・BIMの導入を検討している場合、スペシャリストが行う実施設計、現場監理等の経験をもとに役立つ内容の紹介を行う、BIM導入相談を受けてみるのも一つの手段です。

 

 

BIMとは?

BIM

 

BIMという言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。最近では、多くの設計事務所が取り入れています。

BIM(Building Information Modeling)

BIMとは、『ビルディング インフォメーション モデリング』の頭文字をとったものです。BIM(ビム)と呼ばれており、『ビルディング=建築物』『インフォメーション=情報』『モデリング=3次元モデル』のことです。

コンピューター上にバーチャルな建築物を3次元で作成し、CGパースやアニメーションによって設計内容を視覚化することで、早い段階からデザインイメージを作成者以外でも確認できる設計手法です。

さらに、材料属性、寸法や数量等の数的属性、その他様々な情報を入力することで、設計や施工、維持管理ができるだけでなく、業務や生産性の効率化や、品質を向上させていくことができます。

 

3次元モデル

建築物を設計する際には、製品情報や位置情報、材料数量価格など多岐に渡った情報が必要です。それを情報ごとにリンクさせ、管理していく必要があります。これらの情報を、設計図とBIMとをリンクしデータベース化することで、設計から監理施工、維持修繕まで一元化して管理することができるようになったのです。

今まではCADと呼ばれる製図ソフトを用い、建設業界では設計図が制作されていました。しかしCADは本来、製図ソフトであるために限界がありました。
CADは製図版を使い、紙と鉛筆で線を引いて設計するという原始的な方法を、コンピューターでできるようにしたソフトです。基本的には2次元の設計を行うためのものです。

CAD製品の中には、2次元の設計をもとにして3次元の設計を作成できるものがあったため、それをもとに3次元でのイメージをつかみ、設計上の問題点を把握することができていました。しかし、本来は2次元の製図ソフトです。問題点の修正は、2次元の図面上で修正し、再び3次元の設計を行い、修正結果を確認する、というとても効率が悪い段階を踏まなければなりませんでした。
また、2次元での情報で成り立っているものなので、とある一面が壁なのか床なのか、それとも天井なのかがわかりづらく、問題点を把握しにくいという状況でもありました。

このように、弱点や問題点があったCADでしたが、熟練した建築士の高い能力によって今までは欠点を補うことができていました。しかし、現在では熟練建築士の人手不足や設計の複雑化などで設計ミスが増えてきており、建設業界全体の問題につながっています。

ここれらの流れを回避するためにも、2次元から3次元へ、CADからBIMへという新たな設計手法が注目されているのです。

 

 

 

BIMのメリット

iPad などのタブレット等でお客様と設計者は容易にデータの共有がはかれます

では、BIMを導入するメリットを見てみましょう。

 

クライアントとイメージの共有・一元管理

BIMの大きな特徴は、平面や立面、配置、建具、仕上げまで建物の情報を全て細かく表示できることです。図面を見て、どういった建物ができるのか、仕上がりはどうなるのかが見てすぐに理解できるのはプロだからであって、皆が皆すぐにイメージできるわけではありません。BIMによって細かく表示できることで、クライアントとのイメージ共有が可能となります。

また、データを一元管理するため、図面間の不整合がなくなります。そうすることで作業効率が向上し、設計や施工ミスの軽減につながります。

 

意思疎通を円滑に

BIMは3次元の設計です。イメージの共有と同じように、3次元という『絵』で視覚的に理解することができます。そうすることで、プロジェクトを進めていく上でコミュニケーションをとりやすく、関係者全員がBIMを元に建築物の仕上がりを簡単にイメージしながら意思疎通を円滑に図ることができます。

設計図が読めない子どもでも、絵で表示されることで建築物の姿を容易に理解することができます。

スムーズな意思疎通や意思決定は、高品質なプロジェクトを推進するために欠かせません。 円滑に進めることが出来た結果として、より性能の高い建築を、高いコストパフォーマンスで実現することができます。

 

工事費計算の簡略化

BIMでは、入力した情報が数値化されます。そのため、工事費の計算がしやすくなります。

クライアントの希望を存分に盛り込んでイメージとして出来上がった建物が、予算と大幅にかけ離れていてやり直し…などしていると、スムーズに仕事を進めていくことが出来ません。BIMはクライアントの希望と予算とをすり合わせていく中で、3次元の画像や数値化された情報を見ながら、工事費の検討をしていくことが出来ます。

 

 

 

仕事を進めていく上で円滑なコミュニケーションを取れるということは、行程、理解度、最終的な満足度全てのパフォーマンスを上げることに付随します。

BIMを使うことによって、建築士とクライアント双方がこの喜びを味わうことができるのです。

 

 

 

BIMを使った建築・設計実例

では、BIMを使った設計をご紹介します。

BIMは、先にも述べたように3次元によって表示されることでクライアントとのイメージ共有が可能になります。
それは、言葉が通じない海外の方とのやりとりも円滑に進めるベースとなります。

 

中国に建つBIMを介した幼稚園

nursery school K

中国西部の青海省西寧市に建つ予定の、収容数500名規模の幼稚園。

部屋数や面積などのプロジェクトの要項は、中国の基準に基づいた内容を元に進められ、さらにセキュリティのため外部から閉じられ、かつ利用者が閉塞感を感じないで楽しく回遊できるような建物、という要望でした。こういった要望も、BIMを提示することでお互いのイメージを反映しやすく、円滑に話を詰めていくことができます。

 

メビウスの輪のように建物を立体交差させ、縦横無尽に駆け回ることができ、地下1階から地上2階まで中庭を介して園全体を回遊できるデザイン。

この説明だけを聞き平面の設計図を見せられても、具体的にイメージは湧きにくいのではないでしょうか。しかしBIMは立体的に表示することができるのです。

 

 

 

BIMを導入する方法

BIMを用いたデータ

このように、BIMはこれからの仕事の効率や利益を大きく左右します。

建築士としてBIMのスキルを身につけたい、仕事に取り入れていきたい、という場合、BIMの専門的なスキルを身につけたスペシャリストに学ぶのが一番効率的です。

 

GRC

GRC(GRAPHISOFT Registered Consultants)とは、BIMを取り扱うグラフィソフトジャパン株式会社が公認するスペシャリストのことです。BIMに対する専門的なスキルで、ARCHICADの導入をサポートまたはコンサルティングしています。

GRAPHISOFT
http://www.graphisoft.co.jp/index.html
GRC
http://www.graphisoft.co.jp/support/GRC/

GRAPHISOFT社認定のARCHICADゴールドマスターであり、GRCの認定を取得している建築士が、実施設計、現場監理等の経験をもとに導入の検討に役立つ内容の紹介を行う、BIM導入相談を参考にしてみてください。

 

 

 

BIMで得られるもの

BIMによる初期提案時点のイメージパースと完成写真の比較

BIMを導入することで得られるものは、仕事をスムーズかつ円滑に進めていく上で必要なものばかりです。また、結果として将来的な事業の成長、拡大に繋がります。

 
今後、生産性をますます高めてくれるツールであるBIM。
もっと詳しく知りたい、という方には、今まで生み出してきた建築実例が多くございますので、ぜひご覧になってみてください。

 

専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

連絡可能な時間

メッセージ本文

メッセージでは伝えきれない場合は『電話希望』とだけお書きください、お電話させていただきます。

関連記事

  1. 競売3点セットについて

  2. バリアフリー法について

  3. 『改正建築基準法』について

  4. けいほう保育園

    企業主導型保育園について

  5. 精神障害者用グループホーム

    デイサービスを開業するための基礎知識

  6. 斜線規制、天空率について

  7. 設計事務所で家を建てるメリットについて

    設計事務所で家を建てるメリットについて

  8. 精神障害者用グループホーム

    福祉住環境コーディネーターが活躍する建築業界

PAGE TOP