永田眼科クリニック

クリニックの効果的なホームページ活用法

クリニックを開業するにあたり、ホームページは重要な役割を果たします。
広告宣伝費をかけなくても、クリニックの診療内容や開院時間などを24時間発信し続けるホームページの有効活用法をご紹介します。

このコラムの内容
・クリニックのホームページは、集患に大きな影響を与えます。
・デザインの工夫や必要とされている情報をわかりやすく記載、更新頻度などに気をつけることで、
ホームページを有効活用することができます。
・経験豊富な専門家とともにホームページを作成、運用することでリスクマネジメントにもなり、
費用対効果も高まります。

クリニックのHPの必要性

つるみ脳神経外科

 

知らないことや気になることは、インターネットでなんでも検索することが出来るようになった現代。
インターネット上に情報がない、というだけで、集患が必要な仕事は大きなチャンスを逃すことに繋がります。

 

『近いから』だけでは選ばれない

今までは、人口が多い場所にクリニックを開業することで集患に繋がっていました。
そこからの口コミでさらに繋がりができ、集患で頭を抱えることは少なかったでしょう。

しかし、現在ではインターネットの普及により、クリニックがどのような診療を行い、
いつ開院しているのか、クリニックの雰囲気はどうか、技術面はどうかなどは、すべて調べられるようになりました。
クリニックの数も増えている中、ホームページを使って電話番号や看板以外でも効果的に宣伝を行うことができている方が、より選ばれるようになってきています。
ホームページがしっかりと活用されていないと、残念ながら新規の患者様を増やしていくのはなかなか難しいでしょう。

必要な人に向けての適確なアピール

患者様が必要とする情報がしっかりと載っているホームページを持つことで、
クリニックの細かい診療内容や診療に対する考え方、スタッフの雰囲気など、
電話番号や看板ではアピールできない非常に多くの情報を伝える事が可能になります。
長年、同じクリニックでかかりつけ医としてお付き合いのある方にとっては、必要性はあまり感じられないかも知れません。
しかし、今よりも自分に合った診療を受けられるクリニックを探している方、新たにクリニックを探している方、
また今後取引を考えている業者の方や勤務先を探している方などには、情報や魅力を正確に伝えることができます。

ホームページは、最初に作って終わり…ではありません。必要とする人の目に触れて、初めて役割を果たします。
そして中身も、クリニック側が伝えたいことばかりをふんだんに盛り込むのではなく
、患者様が見やすく、情報が分かりやすく、使いやすく整っているホームページである必要があります。

そうすることで、後々費用対効果のあるホームページへと成長を遂げていきます。

集患につながるホームページにするために必要なこととは

永田眼科クリニック

ホームページは、ただ作って満足するのではなく、集患に繋がらなくてはなりません。
患者様にとって魅力的なホームページにするためには、幾つかのポイントがあります。

 

清潔感と安心感のあるデザイン

ホームページの印象は、最初の数秒で判断されます。人間も同じで、はじめまして、の最初の数秒で相手がどんな人かを判断します。
なので、目に留めてもらいやすいデザイン、人に好印象を与えるようなホームページである必要があります。

明るく爽やかなホームページ、清潔感のある、シャープな、整然としたデザインのホームページにすることで、
患者様は安心感を抱き、ここなら大丈夫かもしれない…と選ぶきっかけとなります。
クリニック内の写真も多用することで、内情を良く知ってもらうことができます。
また、遠方に住んでいてそこのクリニックの院長の顔や様子を知らない方でも、写真があるだけで信用してもらいやすくなります。

可愛いから、かっこいいから、という理由でチープな印象の色使いだったり、奇抜なデザインを取り入れたりすることで、一定の層には受け入れられるかもしれません。
しかし、自分の体を任せていいのだろうか…という疑念につながりかねず、足を運んでもらうことすらできないかもしれません。

 

整然とわかりやすい診療内容

住所・電話番号・診療時間・場所

住所、電話番号、診療時間は、患者様がクリニックを利用する上で必要最低限の情報です。
誰が見てもすぐにわかるような位置に掲載しましょう。診療時間と診療を行っている曜日は、見やすい表にまとめ、
すぐ予約をしたいといったニーズにもすぐ対応できるように、どのページからでも予約ページに飛べるようにしておきましょう。
クリニックまでのアクセスは、来院手段に合わせて案内を掲載します。
徒歩、車、公共交通機関、と手段を想定した上で、最寄り駅からの行き方や目印になる建物の紹介、駐車場の有無などを掲載します。
誰もが携帯のグーグルマップを頼りに通院できるわけではないので、できるだけ詳しい情報を載せておきましょう。

治療方針・治療内容

得意とする分野や治療方針、治療内容やおおよその期間などを詳しく記載します。
クリニックが得意とする分野の疾患を、詳しく図解や可能な範囲で写真を記載することで、
患者様にとっては求めている治療方法を見つけたり、医師の専門分野が患者に伝わりやすくなったりします。
得意分野以外でも、対応できる具体的な症状についても合わせて記載しましょう。
患者様が、自分が抱えている症状と照らし合わせて、クリニックにかかるかどうかを決める判断材料となります。

治療期間も載せることで、実際に通院可能かどうかの判断材料にもなります。
実際の治療の流れの詳細を記載しておくことで、治療の流れがイメージできるのでクリニックに来院した時の不安も和らぎます。

 

広告規制に留意する

SNSを有効活用すれば集客には繋がります。しかし、医業は開業前や一定の条件を満たしていない場合の広告は規制されています。
詳しくは、厚生労働省の『医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針 (医療広告ガイドライン)』に記載されています。
 
ではどのような内容が規制対象となるのでしょうか。

 

広告規制対象

・QRコードを読み取ることで表示されるウェブサイトは、インターネット上のウェブサイトと同様の取り扱いとなる。
ただし、当該医療機関等の情報を得ようとの目的を有する者が、当該QRコードを 読み込ませることで閲覧するものであり、広告可能事項の限定解除要件を満たした場合には、広告可能事項の限定を解除可能。

・患者の希望であってもメールマガジンやパンフレットは広告として取り扱われる。
ただし、患者等が自ら求めて入手する情報を表示する媒体広告なので可能事項の限定解除要件を満たした場合には、
広告可能事項の限定を解除可能。

・フリーペーパーに掲載された医療機関等の広告も、医療法及び医療広告ガイドラインによる広告規制の対象。

・『最先端』や『最適』の表現は、誇大広告に該当。

 

広告規制対象外

・個人が運営するウェブサイト、SNSの個人のページ及び第三者が運営するいわゆる口コミサイト等への体験談の掲載については、医療機関が広告料等の費用負担等の便宜を図って掲載を依頼しているなどによる誘引性が認められない場合は、広告に該当しない。

・無料相談は広告可能。
無料で健康相談を実施している旨については広告可能。ただし、広告に際し、費用を強調した広告は品位を損ねるもので、医療に関する広告として適切ではなく、厳に慎むべきもの。

 

 

集患の手段としてホームページを活用する上で、新規患者数をさらに増やすためにメールマガジンを配信する、
簡単に読み取れるようにQRコードを載せる、などの方法はたくさんあります。
ただ、医業では規制に引っかかってしまうものも多々あるので、
採用する場合はしっかりと調べた上で行う、専門家とともに進めるなどのリスクマネジメントが必要です。

 

 

更新頻度

ホームページ作成後も、治療内容や診療時間の変更、移転など、
掲載されている情報に変更が生じた場合は早めに修正対応をしましょう。
古い情報が掲載され続けているというだけで、信用に関わります。
情報は常に正確なものであるように気をつけましょう。

常にホームページに留意することができない、という場合、
得意とする分野のコラムやプラスアルファの専門的な情報を定期的に載せることをお勧めします。
クリニックとしての知識の深さや専門性を知ってもらうことができる上、
常に情報を更新することで、クリニックの評価向上とともに検索のされやすさに繋がります。

ホームページは効果的に活用を

永田眼科クリニック

 

クリニックが地域にどのように貢献したいのか、どのような医療を提供したいのか、などをしっかりと記載することで、誠実なイメージが伝わり、結果としてホームページは大きな役割を果たすことができます。

掲載される写真も、クリニック自体が魅力あふれるデザインで人々の目を惹きつけるものであれば、それだけで大きな集客効果となります。

横松建築設計事務所は、多くのクリニック建築実績があります。
ノウハウを活かし、クリニック建設面であらゆる相談に乗ることが可能です。費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等の作成も対応いたしますので、電話、メールでお気軽にご相談ください。

また、パンフレットや建築実例をまとめた資料をお送りすることもできますので、合わせてご相談ください。

 

専務取締役 横松邦明

電話でもメールでも結構です、どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご要望をお伝えいただければ、費用がどのくらいかかるかのお見積もりや、工程表等をお出しさせていただきます。

パンフレットや私たちの仕事がわかりやすくまとめてある資料をお送りすることもできます。

お問い合わせフォーム

東京オフィス
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106

宇都宮オフィス
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております、お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせは24時間お受けしております。
お気軽にお問い合わせください。

東京事務所
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402
TEL 03-5284-7106

宇都宮事務所
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

お名前 (必須)

お問い合わせの種類

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の打ち合わせ場所 (必須)

打ち合わせ希望日

打ち合わせ希望時間

連絡可能な時間

メッセージ本文

関連記事

  1. s-clinic

    後悔しないために…クリニックの内装で注意すべきこととは

  2. 設計や監理料について

    横松建築設計事務所について7つの質問にお応えしました。

  3. 永田眼科クリニック

    【クリニック経営】成功する秘訣とは

  4. ホームインスペクション

    ホームインスペクション

  5. さがみ典礼 壬生

    不動産を相続|必要な税金と対策

  6. 横松設計作品集

    【福祉施設】種類とそれぞれの特徴

  7. ほりファミリー歯科

    クリニックの開業|知っておきたい建築基準法と諸手続き

  8. 三軒茶屋LUZ

    三軒茶屋LUZ

設計実績一覧

  1. 木造のフレームのリズミカルな木軸と格子のデザインのクリニック
  2. 大寛のカフェ
  3. 理容あくつ
  4. 舘河屋酒店リノベーション
  5. 医療複合施設
  6. 東京脱毛クリニック
  7. lounge albatross
  8. 精神障害者用グループホーム
  9. 足利銀行西支店
  10. アバンサード元今泉
  11. nursery school K

いつでもお問い合わせください

-東京オフィス-
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光ビル402号室
TEL 03-5284-7106
-宇都宮オフィス-

〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226

-お問いあわせメール-

yk@yokomatsu.co.jp

お問い合わせフォーム

最近の記事

  1. ほりファミリー歯科
  2. s-clinic
  3. クリニック
  4. ほりファミリー歯科
  5. つるみ脳神経外科

最近のコメント

PAGE TOP