地鎮祭

先日、宇都宮の住宅の地鎮祭を行いました。

地鎮祭とは、この土地に住む神様を祝い鎮め、土地を利用させてくださいとお願いすること
そして工事中の安全と建築物の末永い繁栄を願うお祭りです。

また、地鎮祭の流れのひとつに地鎮の儀というものがあります。敷地に初めて手を入れる儀式です。

その土地で初めて草を刈る「刈初(かりぞめ)」
初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)」
初めて土をならす「土均(つちならし)」を行います。
最後に神職が鎮め物を納めます。

設計者が鎌(カマ)、お施主様が鍬(クワ)、施工者が鋤(スキ)の順で盛砂を作業する仕草を三度行います。
この時に「えいっえいっえいっ」と掛け声をかけますが、永遠の永という意味合いが含まれているそうです。
何気なく行う事にもひとつひとつきちんと意味があると思うと、それだけでも気が引き締まります。

地鎮祭も無事に終え、これから本格的に工事が始まります。
日に日に暑くなってきていますが、安全第一でお施主様に満足いただける家づくりをしていきたいと思います。

IMG_2159

IMG_2162

関連記事

  1. 建具の再利用

  2. フローリング貼り

  3. ショールーム巡り

  4. 事務所移転のお知らせ

  5. 取り付きました。アルミサッシ。

  6. リノベ打ち合わせ

  7. 川口の住宅

  8. 配筋検査

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

設計実績一覧

いつでもお問い合わせください

-東京オフィス-

 
〒120-0036
東京都足立区千住仲町19-6和光マンション402号室
TEL 03-5284-7106
 

-宇都宮オフィス-

 
〒320-0843
栃木県宇都宮市花園町4-1
TEL:028-635-7226
 
お問い合わせ

最近の記事

  1. 2016.12.13

    三軒茶屋LUZ

最近のコメント

    PAGE TOP